無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

🌀
その後も散々カフェ巡りとショッピングを楽しんだ。




デフィと一緒なら何をやっていても楽しい。




だんだん日が落ちてきた。もうすぐで島巡りを終わらせ、集合場所に戻らなくてはいけない。
대휘
대휘
?
대휘
대휘
あなた何探してるの?
you
あ、いや、ここらへんって自販機ないよねって思って
대휘
대휘
そー言われてみればそうかも!
なんか飲みたいものでもあった??
you
そういうわけじゃないんだけどさ
대휘
대휘
…
대휘
대휘
あなた?
you
ん?
대휘
대휘
今は僕とのデートだよね、?
you
…
デフィには何でもバレてしまう。




まさか、と思ったが、やっぱり、とも思った。
대휘
대휘
正直あなたが僕といて、僕以外の男の事考えてるとか本当に嫌なんだけど
you
…ごめん
대휘
대휘
ただ、あなたのことは僕が一番好きだし、せっかくの修学旅行をこんな雰囲気にしたい訳じゃないので
대휘
대휘
特別に許す!
you
デフィ〜!ㅠㅠ
大好きㅠㅠ
대휘
대휘
あなた分かる?そういうとこだよ!
you
ごめんごめん
대휘
대휘
はぁ…チンチャ…
대휘
대휘
で、何探してたの?
you
、微糖…
대휘
대휘
は?
you
微糖の、ミルクティー
대휘
대휘
なんでそんなものを?
you
好きって言ってた。ぺじ先生が
you
ここらへんに売ってないから、困ってるだろうなって
대휘
대휘
はぁ…
대휘
대휘
あなた優しすぎ😒
대휘
대휘
分かった、手伝うよ。
you
ホントっ!?
you
ありがとう!
대휘
대휘
はいはい、そうと決めたら急がないとっ!
もうすぐで集合時間だよ!
you
う、うん!
集合時間は15分後。




私達は一生懸命に微糖のミルクティーを探し回った。









Next