無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🌀
次の日。




いつものようにデフィと登校して教室に入ると、黒板に「席替え」と書かれていて、一枚の紙が貼られていた。
you
席替えだって!
ざわついているクラスメイトたちをかき分けて、自分の席を確認すると…
대휘
대휘
あなた、真ん中の列の一番前じゃん!
デフィがニヤニヤとこっちを見てくる。




どっちの意味のニヤニヤかはわからないけど。
you
ホントだ…
you
やった〜!!!!
一番前は嫌だけど、それでもぺじ先生を一番近くで眺められる。




私にとっては最高だ。
you
しかもデフィ、私の後ろじゃん!
대휘
대휘
やったね!
出席番号順になっている机を移動させて、先生が来るのを待った。









Next