無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

🌀
대휘
대휘
あなた!
教室に入ると、デフィがすぐさま飛んできた。
대휘
대휘
おべんと食べれたの?
you
ㅎㅎㅎㅎㅎㅎㅎ
대휘
대휘
何?なんでそんなニヤニヤしてんの
you
実はね…
職員室で起こったことをすべて話すと、デフィから「脈アリ」のありがたいお言葉を頂いた。
대휘
대휘
それは確定だって〜
you
へへ、そうかなㅎㅎㅎ
대휘
대휘
僕があなたみたいな子といたら好きになっちゃうもん
you
////
대휘
대휘
てゆかあなたさ、いつどうやって告るつもり??
you
うーん、
理想は花火大会で〜とか、文化祭で〜とか、
you
少女漫画みたいな、ドキドキっみたいな感じでやりたいけど〜ㅎㅎ
대휘
대휘
な~るほ〜どねぇ〜
you
知ってるでしょ!私がそういうの好きなこと
대휘
대휘
ま〜あねぇ〜
you
さっきからなにそれㅋㅋㅋ
대휘
대휘
ㅋㅋㅋ
ちょうど予鈴がなり、みんなが席につき始めた。




午後の授業はやっぱりぺじ先生のことで頭がいっぱいで、気づいたらとっくに終わっていた。




しばらくぼーっといていたら、ぺじ先生が教室に入ってきた。
진영
진영
なんで帰りの用意してないの
you
え?え?
慌てて周りを見渡すと、みんなは帰りの用意をして着席していた。
you
まじか…
진영
진영
ま、いいや。
とりあえず…
先生が明日の予定について話し始める。




ぺじ先生の話を聞き逃すわけにはいかないので、帰りの用意は後にして話を聞くことにした。




きりーつ、という声が聞こえて、さよならの挨拶をした。
대휘
대휘
あなた〜
帰りの用意しなよ〜
you
あ、ごめんごめん
急いで帰りの用意をして、私とデフィと先生以外の人が教室からいなくなったとき。
진영
진영
あ!!
대휘
대휘
!?
you
!?
진영
진영
明日身体測定だって言うの忘れてた…
대휘
대휘
何だそんなこと…
you
…えーーーーーー!?
you
明日身体測定なんですかっ!?
진영
진영
うん。一応学年だよりには書いてあったけど…
you
身体測定の結果って先生見ますかっ!?
진영
진영
まあそりゃ担任だから。
通知表にも載るし
you
は!?
진영
진영
?
대휘
대휘
?
you
先生…いや好きな人に自分の体重知られるとか意味分かんないんですけど!
진영
진영
…え?
대휘
대휘
あなたそれ…





私(ワタクシ)あなた、高校2年生、好きな人(担任)の前でやらかしました









Next