無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

🌀
初日のメインの予定は分散学習。




昔の街並みが残る歴史的な建物や、古民家風のお店を巡っていく。
you
デフィ見て!
you
このニットベスト可愛いんだけど!
通りの可愛い雑貨や洋服がたくさん置いてあるお店に入ると、とても可愛いベストを見つけた。
대휘
대휘
どれ〜?
대휘
대휘
確かに!でも修学旅行に関係なくない?
you
う~ん、そうだけどさ〜…
パステルで少しくすんだ色合いが可愛くて学校でも使えそうだが、この土地ならではのものではないし…
you
ちょっと先生に、私にこれ似合うか聞いてみる!
店内で何かを探しているぺじ先生を見つけたので、聞いてみることにした。
대휘
대휘
ちょ、
대휘
대휘
ちょっと待って〜!
静かな店内に似合わないデフィの大きめの声と、私の手首を掴む力を感じる。
you
?
you
なに?
대휘
대휘
あなた、それ似合うと思うよ!
you
あ、ありがとう
じゃあ先生にも聞いてく…
再び先生に聞きに行こうとしても一向に手を離さないデフィ。
you
、うん?
대휘
대휘
絶対似合うから、僕がプレゼントする!
you
いやいや、自分で買うよっ!
申し訳ないし
you
デフィもお金なくなっちゃうでしょ?
대휘
대휘
じゃあ、プレゼントするから…
대휘
대휘
明日は先生なしで、二人だけでデートさせて!
you
え?
you
デフィとのデートは楽しいけど、いつでも出来るし、明日じゃなくても良くない?
you
てっきり私の恋を応援してくれてるのかと…
대휘
대휘
してるよ〜!してるけど!
대휘
대휘
あ、その、親友として、親友…として!
修学旅行で遊びたいなって思っただけ!
デフィはなぜか少し寂しそうな顔をしている。
you
別にいいけど…
대휘
대휘
やった!
you
あ!それなら!
대휘
대휘
?
you
このベスト、おそろっちにしない??
대휘
대휘
!いいの!?
you
うんうん!
대휘
대휘
す〜る〜!
you
よっしゃ決まり!
こうしてベスト会議をした結果、結局お金は自分で払うことにして、明日はおそろっちのベストを着てデートすることになった。









Next