無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第21話

🌀
船に乗って島に着き、いい感じのカフェがあったので入ってみることにした。




店内はまあまあ混んでいて、うっすら香るはちみつのような香りが心地よい。




地元のOLさんらしき二人組がこっちをチラチラと見ている。
you
ねえ、あの人たち絶対私達のことカップルだと思ってるよね?ㅋㅋ
대휘
대휘
ペアルックで手繋いでる男女はカップルでしかないでしょㅎㅎ
注文したアサイーボウルと共に健康的な朝を迎える。
you
ちっちゃい時からずっと思ってたんだけどさ、なんでデフィって私と歩く時手繋ぐの?
대휘
대휘
え、嫌だった??
you
いやそういう訳じゃなくて!
대휘
대휘
良かったぁ〜ㅎㅎ
대휘
대휘
えっとね、あなたが変な人に連れてかれないようにってのと〜
you
うんㅋ
대휘
대휘
手繋いでたほうがあなたの気持ちがよく伝わってくる気がするから。
대휘
대휘
もちろんその時の様子でもわかるけどね?
you
へぇ~
대휘
대휘
反応薄っ
you
ㅋㅋㅋ
대휘
대휘
ㅋㅋㅋ
대휘
대휘
それとっ!
単純に落ち着くってだけ〜
you
なんか…
you
ありがとね
대휘
대휘
何急にㅎㅎ
you
うん、やっぱ私も落ち着く😊
体にいい朝ごはんと心にしみる話でおなかと心を満たしたところで次の島に向かうべく私達はカフェを出た。









Next