無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

🌀
次の日、教室に入ると、もうぺじ先生はいた。
you
おはようございます!
진영
진영
ん、おはよ
you
…
you
ぺじ先生今日もかっこ良すぎです/////
진영
진영
そんなこと言われたら朝から調子狂う
대휘
대휘
👍
隠れてみていたデフィが先生に見えないようにサムズアップをした。




そう。これはデフィと考えた作戦なのだ。








~登校中~
대휘
대휘
先生に好きになってもらうために、作戦とかは考えてるの??
you
そ、それがさ〜
初恋ってのもあると思うんだけど…
you
何やったらいいのか全然わかんなくて💦
대휘
대휘
そっかぁ〜
you
う~ん
대휘
대휘
せっかく男子が隣りにいるんだから頼っていいんだからね!
you
ありがと!
やっぱ持つべきものは友だね!
대휘
대휘
友、ねぇ…
you
じゃあ早速だけど、デフィは女の子に何されたら嬉しい??
대휘
대휘
うーん、気になってる子だったら何されても可愛く見えるだろうけど…
대휘
대휘
やっぱ褒められる、とかかな?
you
なるほど…
you
デフィってほんとに優しいよね〜!
대휘
대휘
/////
you
ホントだ…
you
ありがと!やってみる!!
대휘
대휘
うん、!
こうして考え出された褒めまくり作戦(思ったことをそのまま言うだけ作戦)、




案外効いてるかもしれません。









Next