無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

🌀
you
💭今日はあんまりぺじ先生と喋れなかったなぁ
結局あの後、無事にベストをお買い上げして、みんなでお城の中とか覗いたりして、民宿に来た。




時刻はもう12時過ぎぐらいかな。




10時半消灯だけどみんなまだコソコソと喋っている。




デフィは一応男子なので((




別の民宿に泊まっている。
you
💭まあでも明日はデフィとだけど、明後日はぺじ先生ともっと仲良くなってやるもん!
しばらく眠れないでいると、スマホがぶるぶるっと震えた。
대휘
대휘
「ねーあなたー
 暇なんだけどー」
대휘
대휘
「ちょっとしゃーべろー」
デフィからの家督だった。
you
「可愛いデフィくんはもう寝ましょうね〜😇」
대휘
대휘
「あなたの方が可愛いので大丈夫で〜す😇」
대휘
대휘
「ねぇあなた?」
you
「なーにー?」
대휘
대휘
「明日何したい?」
you
「う〜ん、何でも」
you
「でふぃは?」
대휘
대휘
「あなたとイチャイチャㅋㅋㅋ」
you
「いつもやってるしㅋㅋㅋ」
대휘
대휘
「あなた可愛い」
you
「デフィ可愛い」
you
「ていうか今まで気にしたことなかったけどデフィってモテるでしょ😗」
대휘
대휘
「何で?」
you
「優しいし可愛いじゃん」
대휘
대휘
「あなた程ではないよん」
you
「ないない」
you
「デフィ嘘つき?ㅋ」
대휘
대휘
「本当つきです😒」
you
「流石にもうそろそろ寝よっかな」
대휘
대휘
「寝る?」
you
「うん🌛」
대휘
대휘
「あなたのセルカ送って!今日のでも昔のでも今撮ってもおけ」
you
「何故に?」
대휘
대휘
「眺めたい!」
you
「こわ」
you
💭これかな
you
「ちゃんと送ってあげるとこ偉い😎」
대휘
대휘
「ありがと!キヨウォ♡」
대휘
대휘
「明日、楽しみにしてて😘」
you
「グンナイ」
대휘
대휘
「チャルジャ🦦」










Next