無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

中島裕翔
すみません、道が混んでて
車が動かなかったんです
山田涼介
君が新しいお手伝いさん…
どうしようかな…
有岡大貴
たぶん、雪ちゃんは女子寮の
お手伝いさんだよね…
山田涼介
とりあえず、今日はここにいて
明日、俺が理事長に直接話してくるよ
月城雪
すみません、ありがとうございます
有岡大貴
あっちの電話にかければすぐ出るだろ
山田涼介
やだよ、あのケータイにかけるの
中島裕翔
え、あの、俺は?
山田涼介
とりあえず、俺の部屋…は
もう大貴がいるもんな…

薮ちゃんとこは?
有岡大貴
光が入ってるよ
山田涼介
んじゃ…圭人のとこ、
とりあえず入れちゃう?
有岡大貴
まぁ、あいつならいいって
言いそうだしな
山田涼介
俺が後で電話しとくよ
だから中島くんは305号室な
中島裕翔
はい
山田涼介
もう7時か
有岡大貴
お腹すいたね
月城雪
あっ、夕飯できてます
有岡大貴
ほんと!?やったー
山田涼介
俺、薮ちゃんたち呼んでくるよ
ー食事ー
有岡大貴
いっただきまーす!
月城雪
チキンのトマトソースがけ
コンソメスープ
パン
サラダです
山田涼介
!!!
有岡大貴
あっれぇ、山田くん?進んでないねぇ
山田涼介
いや、そんなことは…
薮宏太
あ、トマト入ってる…!
山田涼介
ばか…
月城雪
トマト、お嫌いでしたか?
薮宏太
ごめん、俺と山は苦手なんだよね
月城雪
す、すみません!
八乙女光
しょーがねぇーな!俺が食べてやるよ
薮宏太
ありがと、ひか❤️
有岡大貴
じゃあ、山田のは俺が食べてやろう
山田涼介
なんか、むかつくから
伊野尾ちゃんにあげる
伊野尾慧
ふぇ?ラッキー
有岡大貴
えぇ~…
伊野尾慧
ほら大ちゃん、あーん
有岡大貴
あーん…ぱくっ
ありがと、伊野尾ちゃん
知念侑李
りょーすけ!僕も食べてあげるよ
山田涼介
ありがと、ちー
月城雪
あれ?1人足りませんよね?
山田涼介
あー…
有岡大貴
大丈夫、高木はそのうち
帰ってくるから
月城雪
高木さん?はなにか、外に
用事ですか?
山田涼介
そーそー、用事
八乙女光
俺はアイツ大嫌いいだけどな!
薮宏太
やめろよ光!
八乙女光
なんでだよ!アイツのせいで俺らは…
薮宏太
落ち着けって
月城雪
???
有岡大貴
ごめんね、雪ちゃんは
もう戻っていいよ
月城雪
は、はい

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

けちゃまよ
けちゃまよ
フォロバ415% Hey! Say! JUMP大好き💕 有岡くん神担✨ ありやま いのあり ありたかが大好き💓♥️❤️
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る