無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

ここが生徒会室…

コンコンッ…カチャ…
月城雪
失礼します…

1-B、月城雪です…
お呼びでしょうか
山田涼介
待ってたよ
月城雪
え、山田…先輩?
山田涼介
あれ?先輩呼びだったっけ
゛さん゛だったよね?
月城雪
あ、友達になおされて…
変、ですか?
山田涼介
ううん、なんか…いいね
月城雪
///
な、なんで顔赤くなってんだ私…///
山田涼介
じゃ、さっそく本題ね
午前中、理事長に会いに
言ったんだけど…
月城雪
あ、はい
どうでしたか?
山田涼介
それが…雪ちゃんは
このまま男子寮に…と
月城雪
え?!
山田涼介
女子寮、1部屋床が抜けたらしくて
雪ちゃんの入れるところがないって…
一晩過ごしてなにも
なかったから大丈夫でしょ!って…
月城雪
えぇっ
山田涼介
もちろん、雪ちゃんは
嫌だろうし、俺がどこか
近くの部屋を借りとこうか?
月城雪
いえ、そんな…お金もないですし
山田涼介
お金はたぶん、なんとかしてくれるよ
俺、顔が利くし。
月城雪
でも…
そしたら、また…ひとりになっちゃう
月城雪
私は…みなさんと過ごしたいです
山田先輩も有岡先輩も、
他の先輩方も

大好きですから
山田涼介
もう、ひとりでご飯食べたくないし

みなさん、優しいし
山田涼介
雪ちゃんさぁ…
月城雪
はい?
ドンッ!
月城雪
山田涼介
俺だからいいものを
俺以外の男子にそんなこと
言ったら…襲われちゃうよ?
月城雪
え…
chu…
月城雪
!!!
山田涼介
しばらくは髪、結べないね
月城雪
え…
あ…首に…
山田涼介
俺のものって印
月城雪
~~~っ!
失礼します!
ガチャンッ!バタッ!
月城雪
な、な、なにあれ…///
ーその頃の山田涼介ー
山田涼介
///
山田涼介
かっこつけすぎたぁぁぁ///

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

けちゃまよ
けちゃまよ
フォロバ415% Hey! Say! JUMP大好き💕 有岡くん神担✨ ありやま いのあり ありたかが大好き💓♥️❤️
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る