無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

4,884
2019/05/06

第7話

6、何やっとるん?
グルッペン
あなた。
我々だは慣れたか??
私
はい。
すごい優しい人達で...。
楽しいです。
自分が出せる感じで...。
グルッペン
そうか。
私
では、私はこれで...。
作者
作者
我々だは、シェアハウスしてるていで。
(>人<;)オネガイ
グルッペン
あぁ、夕飯になったら呼ぶからな!
私
はい。
はぁ。
私はここにいていいんだろうか...。
私
青い鳥でも見ようかな...。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
@aaaaaa  あなたくん人狼上手スギィ!!
ショッピくんも活躍してて嬉しい😃
@bbbbbbb  今回は面白い回になったね!!
人狼大活躍!!




________『なんか。新人来てから面白くない。』________















やっぱり。
私
僕のせいで、みんなに迷惑がかかってるんだ...。
私
やっぱり僕なんて...。










































いなくなればいいのに...。
































みんなには、心配かけるかもだけど夜家を出よう...。
全員
全員
あなた!!
ご飯やで〜!!!!!!!!!!!!!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゾム
ほら!
あなたもっと食べへんと力つかへんで!!
鬱先生
ほら!新人いじめちゃダメでしょ!!
ロボロ
そーいう、鬱先生が食べればええんちゃう?
鬱先生
いやや!!
あなたもっと食べてええんやで💦
私
わかりました💦
こんなに暖かいところにいたら、僕が僕じゃなくなる。
ここにいたら、僕は...。


________『俺のグループに入れ。』________





グルさん...。







みんな...。




























































































































































ごめんなさい。