無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10
あなた
あ……え?
永瀬 廉
永瀬 廉
いや、だからww
俺ん家行く?
あなた
廉の家とか……
迷惑でしょっ?
永瀬 廉
永瀬 廉
いや、ええよ?
俺も話、聞きてぇし。
あなた
じゃぁ、お言葉に甘えてッ……───///
永瀬 廉
永瀬 廉
よし、じゃぁ行こかッ。
あなた
うんッ……//



















会計を済ませて店を出て、



俺の家へ向かう。















なんとなくみたあなたの顔からは、


涙は...いつの間にか、無くなってた。







































永瀬 廉
永瀬 廉
ここやで、俺ん家。
あなた
引っ越したんだねッ、前の家から
永瀬 廉
永瀬 廉
うんッ、
あ、エレベーター来たで










俺の部屋まで、あなたと密室の空間。
















そう考えるだけで



































胸がざわめくッ...





























あなた
あの……さ
永瀬 廉
永瀬 廉
ん?
あなた
廉ってさ、彼女いる…………の?//
永瀬 廉
永瀬 廉
おらんわw
今んところ完全に1人w
あなた
そぉなんだッ……
























なんで、聞いてきた?




なんで、そんなほっとした顔するん?

































永瀬 廉
永瀬 廉
急にどうした?ww
あなた
何か……うんww
永瀬 廉
永瀬 廉
なんやねんッ……ww























俺の顔見て、なんで……照れてん?














俺たち、そんな関係やないのにッ...








































永瀬 廉
永瀬 廉
何ボーッとしてん?
あなた
あぁ、ごめんごめんww///




























そーいえばッ...



















なんで俺ッ...












こいつのこと、家に呼んだんだ?























彼女でもない奴をッ...。
































NEXT

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

ゆ れ ん _🥀
ゆ れ ん _🥀
❥ 🍋✨╎🐺🥀
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る