無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
21
2018/03/21

第9話

9話
【幼馴染】、【友達】、【仲良し】

それは、近いようで距離のある言葉。

「…素直に謝られるとなんか変な感じ。」

「なんだよそれw」

ごめんな、蕾。

俺、蕾が俺と恋人だったことを忘れて、怖くなったんだ。

毎回のことなのに、もう何度目かもわからないのに。

でも、繰り返されているからこそ、恐怖がどんどん大きくなっていっているのがわかる。

どうしようもなく、怖かった。

だから、蕾から逃げた。

そのせいで2人に、1番は蕾に迷惑をかけちゃったな。

辛くて辛くて、蕾と恋人だった頃の記憶を消したいと思ってた。

でも、気づいたんだ。

俺が1番辛いことは何かって。

それは、蕾に忘れられること。

わがままだよな、

忘れたいのに忘れられたくない、なんて。

忘れられる蕾が羨ましいとさえ思ってたんだよ。

怒ってくれて構わない、嫌いになってくれて構わない。

けど、

俺の事は忘れないでほしい。














だらだらと心の中で募った言葉。

この言葉を言うことのできる日は来るのだろうか。

やっぱり来ないかな。

…もう、どっちだっていいか。

「ねぇ、蕾」

蕾は俺への恋心を忘れてしまっている。

けど、

また

《好き》って

《愛してる》って言ってもらいたいから。

蕾が記憶をなくしても、

俺は…

「好きです、付き合ってください」

何度だって君に告白する。

おわり