無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

675
2021/07/26

第26話

No.2 1
江口拓也
さ!可愛い可愛いあなたの寝顔をこの目に…!
木村良平
このド変態が
江口拓也
なんですか、良平さんも見に来てるから一緒です
木村良平
………ふん、
梅原裕一郎
お兄さんが二人もいると大変だろうに…
西山宏太朗
ほんとにねw
江口拓也
じゃ、起こしますよ~!
ガチャ
















































































江口拓也
あなた~起きt…
木村良平
?どうした江口、あとが詰まるからさっさと入れ
江口拓也
木村良平
もう!!どけ!!



あなた~起きr…





















































部屋の空気が氷漬けになる。
なぜ2人はあなたちゃんを起こさないのか僕達には分からないが多分なんかそうとうやばいんだど思う
























































木村良平
…おい、江口
江口拓也
はッ
ペンチ、包丁、ハンマー、チェンソー、ノコギリ、
銃殺、毒薬、火破り、首吊り、生き埋め、虐殺、バット、貼り付け
どのような方法が御所望でしょうか…?
西山宏太朗
え…?
木村良平
あぁ、そうだなぁ
俺的には全部やってやりたいぐらいだ
江口。お前はどれが1番あっていると思う?
江口拓也
そうですねぇ…
どれもありがと思いますが、やはり精神的に痛めるというのもありかと思います
梅原裕一郎
こえぇ…
木村良平
…まぁ道具を持ってきてから考えよう
江口、お前の家にある刃物または痛め付けられる道具全部もってこい。
江口拓也
ハッ
タッタッタッ
西山宏太朗
…あ、あのぉ…良平さん…?
木村良平
ん?なんだ?
梅原裕一郎
そ、その…なにが…?
木村良平
あぁ、簡単なことさ
木村良平
ほら見ろ
梅原裕一郎
……あー、…なるほど…
西山宏太朗
これはぁ…正直仕方ない…
木村良平
…この悪魔斉藤壮馬をちと〇すだけさ
西山宏太朗
ちょっと待ってください良平さんめたいこと言いますがこの主の小説はある作品を抜いて物騒なことの無いエモいストーリーが定評なんです!!そんなことこの作品で言っちゃダメです!!
梅原裕一郎
おい西山ちょっとまてお前もアウトだ
江口拓也
良平様、持って参りました。
木村良平
よくやった、
江口拓也
お褒めいただき感謝します
木村良平
…さぁ、江口。この悪魔を殺すぞ
江口拓也
えぇ、そうですね
この最低男あなたと添い寝しやがりましたからね
西山宏太朗
これはあなたちゃん彼氏さん出来たら大変だねぇ…
梅原裕一郎
西山朝飯食おうぜ、多分相当残酷なもの見ることになるから
西山宏太朗
勝手に使っていいかな…?




…ま、江口さんの家だからいっか
スタスタスタスタ




























ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー























ん、…朝…?そとが…あか、るい…
























斉藤壮馬
んん…
目に無理やり差し込む日差しに少し拗ねながら目を開ける。







































江口拓也
ころす…
木村良平
ころす…
斉藤壮馬



















…えー、テイク2





目に無理やり差し込む日差しに少し拗ねながら目を開ける



























江口拓也
…斉藤壮馬…!!覚悟!!!!!
斉藤壮馬
ヒッ…!!!
やばいこれ現実だ…!!!!
江口拓也
チッ…避けやがった…
斉藤壮馬
ちょちょちょ、な、なんですか?!?!朝から!!!
斉藤壮馬
ッ…!!!
あたま、…いたい…ッ…
斉藤壮馬
(くッそ…二日酔いがッ…)
思わず体がよろめいてその場に倒れ込んでしまう
斉藤壮馬
(やばいッ…殺される……!!)
最後にと思い顔を上げる
なぜ殺されかけてるかはわかった、あなたちゃんと寝ていたからだろう
斉藤壮馬
(僕の人生…楽しかった…)
最後の力で良平さんと拓也さんを探す





































斉藤壮馬
(え…?)
江口拓也
ッ…
木村良平
…ッ…























































何故か足を1歩踏み出した状態で2人とも下を向いて震えながら泊まっている…








…あ、まってこれもしかして倒れた僕助けようとしてくれた?!?!(※大正解)
斉藤壮馬
木村良平
江口拓也
木村良平
…壮馬、
斉藤壮馬
は、はいッ…
しばらくの沈黙から良平さんが声を出してきた、めっちゃ声低くて怖すぎて声が裏返った
木村良平
…なぜあなたと添い寝してるのか…説明してみろ…
なにこれどう考えても嫁の家に挨拶に行って父親になんか問い詰められるやつでしょ…!!!!!
江口拓也
なんかシスコンそうなお兄様もいるし!!!!!
斉藤壮馬
え、、えっとぉ…
正座しようと思って体を持ち上げたその時
江口拓也
あ、いや…
斉藤壮馬
…え、、えっと…なんでしょうか…お兄さん…
江口拓也
お前にお兄さんと呼ばれる筋合いはないッ!!!
斉藤壮馬
すいません…!!!
江口拓也
……で、、その…体調しんどいならその体制でもいいから…話してみろ…
斉藤壮馬
え?……あ、、あぁ…はい…
いや優しいかよ!!!!!!普段の優しさ出てますから拓也さん!!!!!!
斉藤壮馬
…え、、えっと…
昨日の夜、皆さんが拓也さんをお部屋に運んでいる時に俺はあなたちゃんと話してて…そこから梅ちゃんたちが寝てるのを発見して、今日仕事結構つめつめだから「ソファでいいから寝かせて欲しい」って言ったんです…そしたら「問題ないし、ソファーで寝させるのは申し訳ないから私のベットで!」って言われて「流石に~!」って返したら…「じゃあ2人で寝ます…?」って提案されて…さすがにまずいでしょって言ったら…
斉藤壮馬
「壮馬さんは…その…襲ったりしないじゃないですか?だから大丈夫!」
斉藤壮馬
みたいな感じで帰ってきて…そっからは…その…あなたさんの勢いに負けたかな~っていうのも…ありますね、
木村良平
……あなたなら…言いかねないていうか絶対…
江口/木村
言うな…
斉藤壮馬
あ、……ちなみにパジャマお借りしてるのh
江口拓也
知ってるよ!!どうせあなたが「着替えてきてください!」って言ったんだろッ!!!クソっ!!!
木村良平
つまりやはり斉藤壮馬は無罪…
江口拓也
…良平さん、もう…いいですか…
木村良平
…あぁ、いいだろう
タッタッタッ
江口拓也
壮馬倒れてたけど大丈夫…?二日酔い…だよね、ごめんね急に無理させて
斉藤壮馬
え?あ、、いや…た、大したことないんで…







































































……お願いだ拓也さん、やめてくれ
斉藤壮馬
(いちいちその優しくてかっこいいギャップ!!!やめてくれッ!!!心臓に悪いッ!!!!!)
木村良平
…ただ、…その…1つ問題は生まれたな…
江口拓也
……で、ですね…
江口/木村
…俺たち…添い寝してもらったことないんだけど…
木村良平
俺…し、したことはあるけど…あなたからしてくれたことないッ…と、…思う…
斉藤壮馬
え、あ、…えっとぉ…
江口拓也
俺なんて…一回もないです…壮馬は…壮馬はいいんだ…へぇ…
木村良平
ていうか俺たち…
江口/木村
夜、寝込み…襲ってきそうって…こと…?
斉藤壮馬
(結構俺の言ったこと覚えてんなこの人たち!!!)
江口拓也
はぁ……
木村良平
なんか…
木村良平
疲れた…な、
江口拓也
えぇ…そうですね…良平さん…
江口/木村
………はぁ…
結果¦寂しかった