無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🕷
V
V
はい!質問です!
(なまえ)
あなた
どーぞ
V
V
あなたさんはARMYですか?







結構早めに聞いてきたの、焦ったわ








(なまえ)
あなた
はい、そうですよ
BTS
BTS
…
(なまえ)
あなた
ですがそれはプライベートのみですからご安心ください
(なまえ)
あなた
職場には流石に持ち込みませんよ
BTS
BTS
…
BTS
BTS
よかった〜!






まあこれは本当に嘘じゃないの













ちゃんとテンションは分けるつもりだったわ












だったマネージャー業務がままならなくてBTSの人気が落ちたら悲しいもの














私だってそういう所はちゃんとしたARMYだから












まあこんな感じでスタートは順調だったわ


















でもある時自体は急変した




















そうね、確かダンスの練習をしていた時だったかしら______