無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

56
2021/10/09

第10話

9話 仲間
ーぽちいぬ視点ー

はい、ぽちいぬです。昨日約束したばっかなのに早速みんなに頼むと言う事件が発生しました。
ほんっとに急に仕事入るよなぁ・・。
ってか、今なんかめちゃめちゃ他のチームに話しかけられてます。
敵(使い回し)
ねえ、君。情報屋だよね?
ぽちいぬ
・・・。
敵(使い回し)
ちょっと、頼みたい仕事あるんだけど
ぽちいぬ
お断りします
敵(使い回し)
え?なんで?
ぽちいぬ
どうせ、なぴのことでしょう
敵(使い回し)
お、よくわかってんじゃん
ぽちいぬ
はぁ・・言っときますけど
ぽちいぬ
俺、チーム専属の情報屋なんでチームメンバー以外に情報を教えることはできませんよ
ぽちいぬ
お引き取り願います
敵(使い回し)
へ〜
敵(使い回し)
じゃあさ、聞くけど
敵(使い回し)
あいつの正体、しってんの?
ぽちいぬ
・・それについても答えられません
敵(使い回し)
しらないなら教えてあげ
ぽちいぬ
別にいいですよ
ぽちいぬ
教える代わりに情報をくれ、とか言われそうですから
ぽちいぬ
敵なんかに情報をあげるわけにはいきません
敵(使い回し)
まぁまぁそんなこと言わずにさ
敵(使い回し)
あいつ、___なんだってさ
ぽちいぬ
・・・そうですか
ぽちいぬ
それが、どうかしました?
敵(使い回し)
いや?お前騙されてるよって言いたいだけ
ぽちいぬ
はぁ・・
ぽちいぬ
だからなんですか?
ぽちいぬ
騙されてたって、別にいいですよ
ぽちいぬ
俺はただ、チームメンバーとして、なぴを救いたいだけです
敵(使い回し)
・・ふーん
敵(使い回し)
じゃ、ちょっと来てもらうから
ぽちいぬ
!?
ぽちいぬ
やめてください・・
敵(使い回し)
うるさいな、黙ってついてくればいいのに
ぽちいぬ
ぜっっっったい嫌・・・!!
敵(使い回し)
いいから来いって!
???
・・何してんの?
ぽちいぬ
あ・・!
なぴ
僕の大事なメンバーに手出さないでくれる?
ぽちいぬ
なぽ・・
敵(使い回し)
〝僕〟ねえ・・
なぴ
・・なんだよ
敵(使い回し)
なんでもない
敵(使い回し)
じゃ、俺帰らせてもらうから
なぴ
・・・次来たら、許さない
なぴ
帰ろう、ぽち
ぽちいぬ
うん・・
ぽちいぬ
ねえ、なぽ・・どうしてここに・・
なぴ
仕事の帰り
ぽちいぬ
え、でも、一人・・
なぴ
・・・。
ぽちいぬ
あ、足・・!
なぴの足から血が・・!!
こんな状態で・・こっちまで・・!?
なぴ
そういうこと
ぽちいぬ
え、治療、しなきゃ・・!
なぴ
大丈夫
なぴ
これくらい、平気
なぴ
かすり傷だよ
ぽちいぬ
・・帰ったら、治療するから
なぴ
わかったよ
ガクッ
ぽちいぬ
え・・
なぴ
あ、危な・・!!
ぽちいぬ
っ・・・あれ・・・?
倒れたはずなのに、全然、痛くない・・どう、して・・
なぴ
っ・・大丈夫・・!?
ぽちいぬ
なぽ・・ごめん、力、入んなくて・・
なぴ
肩、貸すから、もう少しだけ頑張って
ぽちいぬ
え・・でも、なぽだって、足・・
なぴ
さっきも言ったでしょ?こんなの、ただのかすり傷
なぴ
多分、見た目よりぽちの方が、重症
ぽちいぬ
・・・。
なんか、喋り方、普通になったな・・
ってか、ほんとに動けない・・さっきの人がしかけたのかな。
なぴ
無理に自分だけで動こうとしない方がいいよ
なぴ
アジトまで運ぶから、じっとしてて
ぽちいぬ
わかった・・
ぽちいぬ
ありが、とう・・
なぴ
全然、大丈夫
なぴ
助け合うのは当然だよ
〝仲間〟なんだから
ぽちいぬ
・・認めてくれたんだ
なぴ
まぁね
なぴ
そろそろ、なぴも変わらなきゃいけないし
なぴ
それに・・
なぴ
もうすぐ、だから
ぽちいぬ
もうすぐ、って?
なぴ
なんでもない
なぴ
ついたよ
コンコン
なぴ
綾さん
お、おかえり・・って、ぽちと一緒?
なぴ
うん
なぴ
ぽち、敵に何か仕組まれたみたいで
あ〜、なるほど
あまねー!いるー?
あまね
はいはーい
ちょっとぽち見てあげて
あまね
え、どうしたの?なんかあったの?
ぽち、敵から何かやられたらしい
あまね
薬、仕込まれた的な?
そんな感じ
あまね
なるほど、了解
あまね
なぴ、ぽちをあそこのベッドに寝かせといて
あまね
すぐ解毒薬やらなんやら持ってくるから
なぴ
わかった
なぴ
よいしょ・・
ぽちいぬ
う・・
なぴ
・・どこか、痛む?
ぽちいぬ
ううん・・大丈夫・・
なぴ
・・あまねさん、そこも含めて見てあげて
あまね
了解
あまね
ってか、さん付けじゃなくていいよ
なぴ
わかった
なぴ
じゃあ、あとはお願いね、あまねくん
あまね
はーい
あまね
・・なぴはどうする?
なぴ
僕は自分の部屋に戻る
あまね
わかった
ーなぴ視点ー
なぴ
・・・ねえ、はるくん、るぴちゃん、夏衣くん
なぴ
もうすぐ、だよ
なぴ
もうすぐで、会いに行けるから
なぴ
待っててね
四人で撮った最後の写真に向かってそう呟く。
そう。もうすぐで、なぴはみんなのところへ行ける。
なんでって?教えてあげるよ。



















仲間の中にいる裏切り者に、僕も仲間のみんなも、殺されてしまうから。
なぴ
もう、いっそのことはやく殺してくれればいいのに・・
なぴ
まぁ、誰であっても無理だろうけど・・w
相変わらず僕の神様は意地悪だ。
どうやらすぐに楽にはさせてくれないみたい。
まだまだ、なぴを苦しめて楽しむつもりだろう。
なぴ
誰か、助けて・・
そう呟いてみたけど、その声はこの部屋に響いただけで、誰にも届くことはなかった。