無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

63
2021/10/15

第14話

13話 苦しくて
ーあーるん。視点ー
あーるん。
・・・。
あまね
・・・。
あまね
ねえ
あまね
あーるんさ、もしかしてあの殺し合いに巻き込まれてるんじゃないの?
あーるん。
・・そうだよ
あーるん。
ってか、お前らもすでに巻き込まれてる
あまね
だよね・・
あーるん。
ん?ちょっと待て
あーるん。
お前、なんで殺し合いのこと知ってんだ?
あまね
さすがに知ってるでしょ
あまね
あんだけ範囲広まってればさ
あーるん。
まぁ、そうか・・
あまね
で、ここがその範囲内になったとき、危ない人がいる
あーるん。
なぴか
あまね
そう
あまね
もしかしたら、逃げれるかもしれない
あまね
でも、あの状態じゃ多分無理・・戦える可能性は0に等しいよ
あーるん。
そうだな・・部屋に入っても気づかないのが一番まずい・・
あまね
まぁ、殺意に敏感だから大丈夫だとは思うけど・・
あーるん。
そうなのか?
あまね
うん
あまね
あまね、普段趣味で勝手に人を観察して行動を記録してるんだけどさ
あーるん。
えっ、おま・・
あまね
この日、見て(スルー)
あーるん。
・・ここが襲われた日だな
あまね
うん
あまね
この日だけ、なぴの行動がおかしいのわかる?
あーるん。
ほんとだな・・
あまねのメモ帳に書いてあったその日のなぴの動き。
ナイフを手入れしたり、いつも大事そうに持ってた兎の人形を綺麗にする。
この辺はいつも通りなのだが、それ以外にそあらに銃の調子をきいたり、あまねにはこんな毒を作ってほしいなどを言っていたらしい。
戦う準備を、一人でこっそり進めていたんだ。
あーるん。
でも、どうして一人でそんなこと・・あっ
『・・やっぱり、か』
あーるん。
なぴ、誰か裏切り者がいることを見抜いて・・
あまね
それがあーるんだってことも気づいてたんじゃない?
あーるん。
あいつ、すげえな・・
あまね
相当な実力者だよね、やっぱ
あまね
でも、もう精神的には限界を迎えてるっぽいから・・
あまね
もし、あの殺し合いに巻き込まれたら、止められなくなるんじゃないかって
あーるん。
殺人病のことか
あまね
うん
あーるん。
たしかに、そうなったら危ないかもな
あーるん。
1番の実力者だからこそ、暴走した場合止めるのは難しい・・
あまね
そういうこと
あーるん。
うーん・・
????
ここに、いたんだ・・
ぽちいぬ
あまねこ、るんちゃん・・
あまね
あ・・
あーるん。
ぽち・・?まだ寝てなきゃダメだろ・・?
ぽちいぬ
ううん、もう大丈夫
ぽちいぬ
だいぶ呼吸もしやすくなったから
ぽちいぬ
けほっ・・
あまね
やっぱ、寝てた方がいいんじゃ・・
ぽちいぬ
・・嫌なの
あまね
え?
ぽちいぬ
守られてばっかなんて、嫌・・
あーるん。
・・俺は、ぽちが苦しくなるほうが嫌
ぽちいぬ
ぽちは大丈夫・・!
ぽちいぬ
それに、ぽちだって前は殺し屋だったんだよ・・?
仕事してても何も起きなかったんだよ・・・?
ぽちいぬ
ぽちだって、戦いたいもん・・
あまね
・・・。
ぽちいぬ
ぅ・・けほけほっ・・・
あまね
ぽち!大丈夫?
ぽちいぬ
っ・・グスッ・・
ぽちいぬ
なにも、できないなんて、嫌だよ・・・
あーるん。
ぽち・・・
ぽち、まだ苦しいはずなのに・・。
守られてばっかりじゃ嫌・・か・・。
無理させるわけにはいかないけど・・何もできないって、辛いよな・・。
でも、この状態で危険な場所へ連れて行くよりは・・
あーるん。
頼む・・今は、休んでてくれないか・・
ぽちいぬ
どうして・・
あーるん。
みんなみんな危ないんだ
あーるん。
今、この辺も殺し合いの範囲に入りそうになっている
あーるん。
危険なんだ、とにかく
あーるん。
そんな時にぽちを苦しいまま連れて行くわけにはいかない
ぽちいぬ
・・・。
あまね
あまねもそれがいいと思う
あまね
1番の実力者であるなぴがほぼ戦闘不能状態・・
下手したら敵側にまわってしまうかもしれない
あまね
そういう時に万全の状態で出れるようにしてほしいの
ぽちいぬ
わか、った・・
ぽちいぬ
もう少し、休むよ
あーるん。
ん、それでよし
あーるん。
・・歩けるか?
ぽちいぬ
多分だいじょ・・
フラッ
あーるん。
お、っと・・
あーるん。
大丈夫か?
ぽちいぬ
うん・・ちょっと、くらっとしただけ・・
あーるん。
・・このまま運ぶな
あーるん。
歩かせるわけにはいかねえし
あまね
あまねも行くわ
あまね
なぴの様子も見たいし
(なぴくんの部屋はぽちくんの部屋の向かい側です)
あーるん。
了解、じゃ、行くぞ
あまね
うん