無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第103話

ごめんなさい。🦖(4)
You
You
ねえ先生
You
You
…痛い





さっきから手首をこれでもかってくらい
鷲掴みされている。



ちょっと爪入ってる。








チャニ
チャニ
悪い




絶対おかしい。



保健室を教師と行くって絶対おかしい。














心の中で何かを察してしまう。









そう考えているとあっという間に着いてしまった。





You
You
あの、ゴミ回収くらい1人でやるので
先生仕事してていいで…
チャニ
チャニ
アホ






突然保健室のベッドに投げ倒され、先生が馬乗りになる。













全く頭が追いつけない。
















パニック状態になっていると
チャニ
チャニ
声抑えてて
You
You
え、ちょっとッ、
チャニ
チャニ
どうせ文句ないでしょ





そう言って強引に脱がされ、いきなり
脚を開けと指図される。






You
You
え、なんで…
チャニ
チャニ
ずっと他の男といて罪悪感の
ざの字もないんだな。




その言葉に一瞬動揺する。





You
You
え、それってどういう
チャニ
チャニ
シャーペン落とした後ニヤついて
俺がいるからって委員会入って
授業中話聞かずにこっち見てるのに
もう乗り換えんの。



早口で説明されて頭が真っ白になる。







チャニ
チャニ
何、俺は恋愛対象で
見てやってんのに
You
You
…?



ずっと頭にハテナマークを散らばらせていると

ため息をつく先生。









その瞬間脚がぐいんとM字に開く。





油断していて足の力が抜けていた。




You
You
せ、せんせっ…
チャニ
チャニ
もし
チャニ
チャニ
俺があなたのこと好きって言ったら?
You
You
何言って…ッ!?






話をそらすように陰部を弄り出す先生。









頭が真っ白と言うより、何も考えたくなかった。









You
You
は、あぁっ///
チャニ
チャニ
声、いいの?











そう言って耳を舐められ、
ぴちゃっとした感覚が耳に伝わる。






見つかったらどうしようなんて
考える余裕もない。
You
You
んん…ぁ、ッ!
チャニ
チャニ
ほら、もう
欲しい顔してる。
You
You
や、だめ…



一体今、先生はどんな感情なのか。


嫉妬だったらいいな、と期待が交じる。







チャニ
チャニ
…今は何も考えないで







そう言って先生のがゆっくり侵入してくる。

ダメってわかっていても
カラダは言うことを聞かない。





You
You
あぁ…ッ
チャニ
チャニ
あなた、口開けて


その瞬間先生の肉厚な舌と絡み合う。





下と上とで体が大忙しで、ただ思い通りに犯されるだけだった。




You
You
やあっ、ッ////
チャニ
チャニ
ほら、気持ちいいでしょ



悪い顔でニヤケながらも、
息をする余裕もないくらいにキスを交わす。





それと同時に先生も興奮してきたのかナカも圧迫される。




興味半分で下腹部に手を添えると、先生と繋がってるのがよく分かる。








思わず
You
You
ここ、かたいッ…////
チャニ
チャニ
…ほんとにさ、ッ!
You
You
あっ、ひんッ、!






その言葉で挑発させられたように

密着しながら行為はヒートアップ。










You
You
せ、んせッ…すき、!♡
チャニ
チャニ
…愛してる。
チャニ
チャニ
ッ出る…!



























あの時、




聞こえないくらいに"愛してる"と小さく呟いた先生。




だけど微かにその言葉は私の耳に届いていた。





















チャニ
チャニ
ほら、2回戦。






































続きはあなたの妄想次第です。



















END