無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第107話

車の中は。🐶(1)
You
You
あの、課長、少し飲みすぎじゃ…
ミンギュ
ミンギュ
んー、いいの。
You
You
何がいいんだか…全く





今日は会社の飲み会。



もうみんなは夜中の12時だから解散している。



隣は上司のミンギュ先輩、みんな面倒見るのがイヤだからって運悪く私に押し付けられてしまった。



You
You
お願いだから先輩動いてください。
置いて行きますよ、、、
ミンギュ
ミンギュ
うん…車まで連れてって…
You
You
はぁ…立ってください







このどうしようもないひっつき虫の上司を
車に乗せたけど、さすがに運転させるわけにもいかない。


私もほろ酔いだし、車の免許を持っていないからしばらく酔いが冷めるのを待つしかない。


You
You
先輩、私自販機で水買ってきますね
ミンギュ
ミンギュ
いいから、あなたちゃんは
隣にいて…


そう言ってなぜか私の座っていた助手席のシートを
倒される。




なぜ、今先輩が私の上に乗っかっているのか。
You
You
先輩、酔いすぎですよ?
水買ってきますから…
ミンギュ
ミンギュ
…ねぇ、ちょっとは間に受けてよ




















そして先輩とのセックスが始まる。