無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第30話

宅急便のお兄さんと。。🦍
ピンポーン


今日は家族がみんな出かけて、
家に1人、部屋中にインターホンの音が
響いた。

なんだろう…とあドアを開けたら
スンチョル
スンチョル
こんにちはー!宅急便でーす
すごくかっこいい宅急便の人がいた。
スンチョル
スンチョル
それ、割れ物が入ってるみたいなので
中身今確認してもらって大丈夫ですか?
You
You
はい、大丈夫です!
そしてダンボールを開けると…
You
You
え、なにこれ…
大人の玩具が入っていた。
まさか昨日、ハニオッパが上機嫌だったのは
これを買えたから??
すごく恥ずかしい。
You
You
オッパのやつ…覚えてろっ…
スンチョル
スンチョル
…っあの!
You
You
はいぃっ!
ビックリして声が裏返った。
恥ずかしい。……
スンチョル
スンチョル
それ、壊れてないか確認していいですか?
You
You
え?
そう言ってドアをガチャりと閉め、
玄関の床に私を押し倒した。
You
You
きゃっん!
スンチョル
スンチョル
すみません、もう理性保てないです…
あまりにも格好が無防備だしっ…
言われてみれば、今は短パンに谷間が少し見えるタンクトップ。着替えておけばよかった….
スンチョル
スンチョル
では、確認しまーす
You
You
ふぇっちょ!!♡
いきなり中に入ってきたカプセルのようなもの。彼がスイッチのようなものを押すと一気に中で振動が伝わった。
You
You
ああぁっ!////らめっ♡むりいっ♡
とめてくらはいっ!♡
スンチョル
スンチョル
もっと強めて欲しいですか?
分かりました
そう言って自問自答でさっきよりも振動がブルルッと来た。
You
You
もおむりいっ♡♡
そして私はイッてしまった。
スンチョル
スンチョル
ごめんなさい、もう俺のが限界なんで…
いれますねっ
You
You
ふぅぅっ♡♡
さっきのカプセルのようなものより、
彼のものの方がよっぽど気持ちよかった。
中でパンパンに膨れ上がって大きくなっている。
You
You
あっ♡おっきいよお////
スンチョル
スンチョル
っ煽んないでくださいっ…!
さっきよりもパコパコしてくる彼。
You
You
ううぁっ♡きもちっぃ////♡
スンチョル
スンチョル
俺もですっ…!//
足をもっと開かされ、
さらに膨れ上がって来たような気がして、
思わず私のアソコまできゅんきゅんしてきた。
スンチョル
スンチョル
っ!締め付けてきますねっ…////
俺そういうの好きですよ…っ♡
You
You
あぅぁっ♡
スンチョル
スンチョル
スンチョルって呼んでくださいっ…!
You
You
すんっちょるさっん!♡♡
スンチョル
スンチョル
その顔ほかの男に絶対に見せないでくださいねっ…////
You
You
ふぁぁっ////
そう言って熱いキスをする。
今までの何倍もの快感に襲われて
イッてしまいそうだ。
You
You
あっ♡スンチョルさんっ♡
イッちゃう////
スンチョル
スンチョル
俺もっ…!////
そして私達は同時に果てた。
スンチョル
スンチョル
あなたさんですよね、
あなたのお兄さんと俺、友達なんで
良く知ってます笑
You
You
えっ、ハニオッパになんて言おうっ…
スンチョル
スンチョル
大丈夫ですよ、俺が襲ってきたとでも
言ってくれれば^^
You
You
なっ!?////











それからハニオッパが帰ってきたら、
事情をなんとか説明でき、スンチョルさんと
幸せな日々を送っています_______________

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

THE17
THE17
地球に住んでるCARATです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る