無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第77話

これは睡眠薬。🐹(2)













……もう5分経ったかな。全然眠れない。


















身体が段々熱くなる。 もうすぐで眠れるのかな。















そして肩を揉まれる。





You
You
あぅっ!

























何今の声。









自分で自分が信じられない。
スニョン
スニョン
やっぱりこってますね〜
ここの辺りとか。









胸に手が伸びる寸前まで














背中をマッサージする。
You
You
あひんっ、はぁ、////
スニョン
スニョン
あ、くすぐったいですか?
じゃあ腰をまずほぐしましょうか。
You
You
いや、そうじゃッ…あぁっ!

















ずっと触られる度に身体がビリビリする。














スニョン
スニョン
…お客さん、ココ大丈夫ですか?
You
You
ひぅッ!












何故か陰部を触られる。






















スニョン
スニョン
ここ、ずっと液が溢れてますね
You
You
なんで…っ

















気づいたら涙が出ていた。










スニョン
スニョン
お客さん凄いね、まださっきの
睡眠薬だと思ってるなんて
 













どういうこと?












スニョン
スニョン
あれ、

























大人のお薬ですよ。_______________

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

THE17
THE17
地球に住んでるCARATです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る