無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第81話

セールス。🦊(1)








今日は久々に友達と遊ぶ予定。













準備OKで家に出るまであと17分の時。













インターホンの音がした。

















モニターで確認しないでドアを開ける。














You
You
はーい…
















そこにはスーツを着たかっこいい人がいた。















ウォヌ
ウォヌ
あ、こんにちは。
お昼から申し訳ないのですが
ちょっと我が社の宣伝に…
 












バタン






























なんだ、セールスか。





そう思ってとっさにドアを閉めた。


















































これがいけなかった。













ガチャ






















ウォヌ
ウォヌ
お前、いい度胸してんな。