無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第78話

これは睡眠薬。🐹(3)







大人のお薬?








それって…



You
You
び、やく…?
スニョン
スニョン
そうそう、だからお客さんは
僕とするまで帰れないよ。








何それ。そんなのやだ。
You
You
嫌です、もう帰りますッ








必死に熱くなった身体を抑えつけて歩こうとする。
スニョン
スニョン
ふーん、そういうことするんだね




すぐに腕を引っ張られてさっきのベッドに
後戻り。









目の前には彼がいる。
スニョン
スニョン
俺ので身体ほぐしてあげるよ。
You
You
やぁッ!











いれようとする彼。









スニョン
スニョン
そんなに抵抗されると
余計いれたくなるね










そう言って腰を掴みいきなりズンと突き上げる彼。
You
You
はぁぁッ♡




媚薬のせいでもうイってしまった。








スニョン
スニョン
もうイったんだ、いいね
You
You
やら、抜いてくらはいっ、♡
スニョン
スニョン
顔にもっとってかいてあるよ






そう言って正常位で犯し続ける彼。












もう4回くらいイったかな。
















ずっと尿意が止まらなくて辛くなってくる。










You
You
もうやめてぇ、ッ!
You
You
またイっちゃうッ////
スニョン
スニョン
うわ、ナカやば…ッ
スニョン
スニョン
人の女っていいね
You
You
やらぁ、やらぁッ!
スニョン
スニョン
ほら、お口閉じて










口も下も絡み合う。












媚薬の効果はまだきれなくて、
内心気持ちいいと思っている自分がいる。




スニョン
スニョン
あなたちゃん気持ちよさそうだね
そんなに俺の好きなんだ、変態
You
You
ちがう、ッ♡
スニョン
スニョン
違わない、あなたちゃんは
誰のもの?スニョンのものでしょ?
You
You
ッじ、ふな…ぁ!
スニョン
スニョン
だれのもの?






ゆっくり低い声で脅すように腰を振る彼。














その圧に耐えられなくて










You
You
す、にょんッ、!
スニョン
スニョン
も〜二股なんて悪い子だね〜
You
You
もっ、やめてッ♡














お客さんが来たらどうするんだ。












スニョン
スニョン
ここね、もうお店閉めたから
二人きりだよ
スニョン
スニョン
ずっと
You
You
そんなぁ、ッ…












この人、オーナーだったんだ。














スニョン
スニョン
何考えてるのあなたちゃん?
You
You
あひッ♡
あまりにもいい所を勢いよく突くから
スニョンさんの背中を引っ掻いてしまった。
スニョン
スニョン
いった…
You
You
ご、ごめんなさいッ…
スニョン
スニョン
あーあ、もう中に出しちゃお。
You
You
!?!?









そんなの絶対ダメ。















そう思っていても身体が思うように動かない。
スニョン
スニョン
抵抗できなくなっちゃったね
You
You
はぁッ、あふッ…♡
You
You
早く出してぇッ…
スニョン
スニョン
…マジか、こんなになっちゃうんだ
かわいいね
スニョン
スニョン
もう出そ…ッ
You
You
きてぇっ、♡


















そのあとの意識はなかった。_____________

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

THE17
THE17
地球に住んでるCARATです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る