無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第50話

兄弟バトル。🐹(3)
ゲームって何するんだろう…?
スニョン
スニョン
今から俺がいれてあげる。けど
俺より先にイッたら騎乗位になって
俺をイかせるっていうゲーム♡
なにそれ、結局私はイき地獄ってこと?
スニョン
スニョン
じゃあスタート!
その瞬間いっきにモノが入ってきた。
You
You
きゃんっ、!!////
思わずオッパに抱きついてしまった。
スニョン
スニョン
甘えたさんだね〜♡
もっと激しくして欲しいの?
しょうがないなあ〜
自問自答のように話しかけて、
まだ入れ始めたのに激しく奥を刺激した。
You
You
うぅっ、♡はぁ、!////
You
You
これっ、だめなの、♡///
スニョン
スニョン
ほら、ここが気持ちいいんでしょ?
そう言って私のいちばん気持ちいいところをぐちゅぐちゅと突いてくる。私はもうどうしていいか分からず、イッてしまいそうになっている。
You
You
ふぅぅっ、♡
スニョン
スニョン
もうイッちゃいそうだね、ナカでびくびくしてるよ?イけば?
そう言ってグングンとスピードを上げてくる。














そして私はイッてしまった。
スニョン
スニョン
じゃ、約束通り俺をイかせるまで
自分で動くんだよ?
そう言って体制は変わり、今度は私が
オッパを気持ちよくすることに。
You
You
うぅっ、っく♡////
深すぎてどうしてもオッパに体重をかけられない。
すると
スニョン
スニョン
そんなに奥が気持ちいいの?
深すぎておかしくなっちゃうんだね、
じゃあこうしてあげるよ
そう言って私の腰を持ち、ズプンと
奥深い所に来た。


その衝撃で、私は気付いたら射精していた。
You
You
はあぁっ、!♡
しゅごいっ、!////
スニョン
スニョン
イッちゃったんだね、ほら
まだ俺イッてないからね?
やっぱりオッパがイくまで抜いてもらえないんだ。
スニョン
スニョン
ほらほら、動いてね?
望むところだ。絶対にイかせてやる。


私は必死に腰を振った。
You
You
うっ、////あぁ、♡
スニョン
スニョン
やるね、でももっと奥をやってみたら?
そして私はまた腰を打ち付けられた。
You
You
くぅぅんっ、!////
これじゃあ私がイッてしまう。
スニョン
スニョン
じゃあどっちが先にイくか勝負しようか。
え?この体制で?あまりにも
オッパが有利で勝ち目がない。
スニョン
スニョン
今、勝ち目ないとか思ったでしょ?
なんか、悔しい。
You
You
思ってない、!
スニョン
スニョン
じゃあ、勝負してみよっか。
絶対にイッてやるもんか。
スニョン
スニョン
兄弟でこんなことしちゃうなんて
本当に俺ら変態だよ…ねっ!
You
You
あぁぁっ!!!♡
オッパが話している時、油断してしまって
どうしても力が抜けていた。



























あぁ、私イッたんだ。
スニョン
スニョン
ほら、こんなにすぐイッちゃう妹なんてなかなかいないでしょ?
勝ち負け関係なく、容赦なく突いてくるオッパ。
You
You
ねえっ、もうやめてぇっ♡
スニョン
スニョン
だって、俺勝ったもんね?♡
そう言って彼のビンビンに育っているモノをさっきよりも早く出し入れした。
You
You
うぅぅ♡おっぱぁ、!
スニョン
スニョン
っ、イくよ…
You
You
あぁっ////!
そしてオッパは私のナカに
暖かい液を残した。







































遊んでくれてありがとう_______________

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

THE17
THE17
地球に住んでるCARATです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る