無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

95line🦍👼🏻🐰
ある日、3人の男の性処理になった________
スンチョル
スンチョル
あなた、今日は俺ね?
You
You
は、はい
この人はスンチョル、大手企業の社長をしていてとてもかっこいい、いわゆる若頭なのかな
この人は正常位で攻めてくる。
私のいい所を知っているから、そこばっかりを
ガツガツ攻めてくる
You
You
んひゃっ…//あぁっ///
スンチョル
スンチョル
もうイッたんだ、変態さんだね?
You
You
スンチョルさんだってぇっ////
さっきから腰を思いっきり掴み、
自分の思うがままに腰を振るスンチョルさん
その後スンチョルさんはイッて、
私も2回くらいイッてしまった____________









ジョンハン
ジョンハン
あなた、今日は俺だからね
この人はジョンハン、
スンチョルさんのライバル会社の社長
この人も若頭らしい
この人は対面座位が好きみたいで、
髪をかきあげながら腰を振る。
すっごく大きい彼のアレが私の中を満たす。
You
You
んあぁ////あふぅっ♡
Dキスをしながらや、耳を噛みながら
ラストスパートで思いきり動かれて
ジョンハンさんよりも早く果ててしまった
ジョンハン
ジョンハン
俺もイく…っ
思い切り私の中に濃くて熱いものが流れ出した瞬間、思わず身震いをしてしまった________

















ジス
ジス
あなたちゃん、今日は僕だよ?♡
この人はジスさん。
この人もあの二人のライバル会社の社長で若頭。




この人は騎乗位でひたすら私をいじめてくる。
ジス
ジス
あなたちゃん、もっと動いていいんだよ?遠慮しないで?♡♡
そう言って大きすぎて少し身を引いていた腰を思いっきり彼の腰にビタン!と密着させられ、ジスさんのがズンと奥に暴れだした。あまりにも気持ちよくて
You
You
あぁぁ♡♡
ジス
ジス
まだ初めて五分でイッちゃうなんて淫乱だね、そういう所も好きだよ。笑
そして私がイッたこともお構い無しに騎乗位を続けるジスさん。
You
You
ジスさんっ…もう無理ぃ…///
ジス
ジス
しょうがない子だなぁ。笑
そう言って下から腰を降り始めるジスさん。
中で暴れ回る彼のアレが少しゴツっとしていてたまらなく気持ちいい。
ジス
ジス
イくね、あなたちゃんっ…
そして私も同時に果ててしまった____________










































シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

THE17
THE17
地球に住んでるCARATです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る