無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

クンニオタク。。👼
ジョンハン
ジョンハン
今日もあなたのあまーい愛液
僕が舐めくりまわしてあげるからね♡
そう、うちの彼氏は変態というか
クンニが大好きなんです。
初めにクンニ最後にクンニ。
そうじゃないと気が済まないみたい。
You
You
ねえハニ、今日はやめない?
ジョンハン
ジョンハン
やだ、俺がヤりないと思ったら
ヤるの。
そう言ってまた今日もベットへ
体を倒し、脚を広げられる。
ジョンハン
ジョンハン
わあ、もう濡れてるね
とろとろしてるね〜♡
You
You
あぁっ!♡
そう言ってグリグリと舌をねじ込んだり
ベロリと全体を舐めわしたり。

私は今日も彼のテクニックでイッてしまう。
You
You
ハニっ♡らめっ♡イッちゃう♡
ジョンハン
ジョンハン
大丈夫、ハニが飲んであげるから♡
You
You
んはぁぁっ♡
ジョンハン
ジョンハン
もうだいぶ慣れてきたから
入れるね?たくさん愛液出すんだよ?
You
You
うぁぁ♡
彼のアレの形もすっかり私は覚えてしまった。
パシパシと音の響く部屋。
You
You
ハニのっ♡しゅごいっ♡
ジョンハン
ジョンハン
っ煽るのはずるいよっ…
そして彼のアレは質量を増した。
You
You
あぁっ////もうらめっ♡いくっ////
ジョンハン
ジョンハン
俺もっ…
そして2人とも果てた。
ジョンハン
ジョンハン
じゃああなた、お掃除してあげるからね?♡
そしてまた脚を開かされ
舌で遊ばれた。
You
You
うぁっ////んっ////
ジョンハン
ジョンハン
ジュルルッ
You
You
そんな吸っちゃ♡らめ♡
You
You
イッちゃう♡
そしてまた私はイッてしまった。
ジョンハン
ジョンハン
よく出来ました、あなた♡
これはお掃除なの?
ただ舐めたいだけじゃなくて?そう思うと
すこし悔しい、私も彼のを掃除してあげよう。
You
You
ハニのも舐めてあげるよ?
そう言って私は無理やりハニのを咥えた。
ジョンハン
ジョンハン
うっ…きもちいよあなたっ…
You
You
ヂュルッジュポ
ジョンハン
ジョンハン
うあっ…イく、あなたっ…!
そしてハニは私の口の中に出した。
私は思わず飲んでしまった。
ジョンハン
ジョンハン
飲んでくれたんだね、可愛い
You
You
これからはハニのも掃除するからっ…
ジョンハン
ジョンハン
いーの。あなたは大人しく喘げばいいの
You
You
そんなあ…





















それでも私はハニから出られないんだよね_________

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

THE17
THE17
地球に住んでるCARATです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る