無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第94話

発情期。🐴(2)
You
You
ほんとに、あとちょっとで終わるから…
ソクミン
ソクミン
はやくしたい…ッ












そう言ってリビングでやる気の彼。










いつも以上に歯止めが効かないらしい。











ソクミン
ソクミン
あなたッ
You
You
あの、ベッド行こう、ね?
ソクミン
ソクミン
もう我慢できない…
 






そう言ってズボンを下ろし、
反り勃ったモノを早くも布の上から擦り付けてくる。










You
You
ぬ、脱ぐから、落ち着いてってば、ッ///
ソクミン
ソクミン
早くしてッ、もう破裂しそう…






そう言われたからちょっと慌てながら脱ぐ。

















脱いでいる時もちょっと自分のものを擦っている彼。














…こりゃ大変だ。














ガチの発情期かもしれない。




ソクミン
ソクミン
もういれていいよね、?
You
You
え、ちょ、まだ濡れてな…っ!!//









問い詰めてる時も先端を入れだすソクミン。









You
You
おっきくなりすぎ…ッ///
ソクミン
ソクミン
全部入るかな、ッ
You
You
あぁっ、おくとどいてる、♡
もうはいんないッ///










拒んでも止めてくれるはずはなく






すでに奥に届いてるのにまだ全部入ってないらしい。










ソクミン
ソクミン
じれったい、もう無理っ




そう言って勢いよく全部入れて
部屋中に肌のぶつかり合う音を響かせる彼。












思わず腰が震え上がってしまう。






You
You
うぐっ、はぁぁ、ッ!////
ソクミン
ソクミン
はぁ、きもちッ
You
You
やぁっ、あぁ、ッ♡
ソクミン
ソクミン
あなた…ッ






耳を舐めたり噛んだりしながらも腰のスピードは
止まらない。















全身が痺れるような感覚だ。













たまにゆっくり焦らしてくる彼。













それもまたゾクゾクする。










You
You
うぁぁっ、んッ////
You
You
そくみなッ、♡
ソクミン
ソクミン
あーもう…//









そう言ってちょっと顔を赤く染めながら
腰の振りが激しくなる。


















You
You
もうらめ、ッ♡
イく、ぁ!///
ソクミン
ソクミン
ッく…!























そして2人とも果てて、仕事を再開させようと
思った。
































けど










ソクミン
ソクミン
イキ顔でまた勃っちゃった…ッ
You
You
うそでしょ…







































このお馬さん、手に負えません。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

THE17
THE17
地球に住んでるCARATです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る