無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第105話

キマリゴト。🦊(2)



決まりはウォヌが言い出した。





ウォヌがこんなこと言い出すのは正直
引かなかった訳じゃない。











なにより最初の頃はウォヌのが大きくて苦労した。







You
You
ッうぅ、ウォヌ…あっ////
ウォヌ
ウォヌ
ほら、腰逃げてる








今では日課になっている性行為。

いつまで経ってもウォヌの大きさはなれる事がない。







今日の夜も、また彼とカラダを重ねる。













ウォヌ
ウォヌ
ただいま
You
You
あ、おかえりウォヌ
先にご飯食べ…
ウォヌ
ウォヌ
無理、ベッド。
You
You
え、ちょ…ッ


































































…そして夜の幕が開く。