無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第101話

ごめんなさい。🦖(2)









そして帰ろうと思ってリュックを背負った時















スングァン
スングァン
ねえあなた、今日
委員会の仕事あるの忘れてるでしょ







……おっと。









You
You
あ、知ってた知ってた
スングァン
スングァン
嘘つけ
You
You
ほら早く行くよ?
スングァン
スングァン
ヤー!









スングァンとは委員会も同じ。



ちなみに環境委員。








…そこには先生もいる







チャニ
チャニ
今日は担当のフロアごとに
ゴミ回収してきてください。




先生の支持と共にみんなが席に立つ。










スングァン
スングァン
行くよあなた
You
You
はーい
スングァン
スングァン
ちょ、歩くの遅いって
You
You
眠いんだよね
スングァン
スングァン
早く終わらせないと
You
You
え、ちょ!





早く帰りたいのかスングァンに腕を掴まれ
早歩きで引っ張ってくる。








You
You
転ぶ!転ぶから!
スングァン
スングァン
転べ転べ
You
You
ねえ!!

















その時、視線を感じたのは言うまでも無かった。













チャニ
チャニ
…放課後。