無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第15話

怒ったもん。。。👼
ジョンハンside



俺にはあなたという可愛い彼女がいる。
あなたはいつも笑顔で、やっぱり可愛いからほかの男に狙われている。同じ会社だからよく分かる。正直その男をぶん殴りたいぐらいイライラしながら見つめてしまうんだ。


俺とあなたは同居してるけど、
今日はメールで遅くなる!ごめんね!と
送られた。なんで遅くなるの?俺のことはどうでもいいの?だんだん腹が立ってしまう。



そっか、お仕置きすればいいんだ___________
あなたside



今日はいつも以上にハニに見られていた
気がする。上司と話している時もジロジロとこちらを見られた。ちょっと、仕事は??と思うくらい見られたと思う。

今日はそんなハニに何かプレゼントをあげたいな。と思ってショッピングモールに行った。
悩みすぎてハニにメールをしてしまった。

そしてようやく家に着いた_______________
ジョンハン
ジョンハン
遅かったね、何してたの?
You
You
え、えっと
どうしよう。なんて言おう。
この瞬間にプレゼントすればいいの??
と考えていたら
ジョンハン
ジョンハン
ねえ?答えられない?もういいよ
ベット行くよ
You
You
え?ちょ、ハニ!
ベットに押し倒されて、嫉妬というか、苛立ちを見せているようなキスをされた。舌が生暖かく、ザラっとしていてぶるっとしてしまう。
You
You
んぅ…いやぁ////
ジョンハン
ジョンハン
その割に下の口は素直だけどね?
パンツに手を入れて指を入れてきた。
どんどん指を増やしてくる。
ジョンハン
ジョンハン
今、何本かわかる?
You
You
わ、かんなっ////
ジョンハン
ジョンハン
正解は三本。
もう1本追加ね?♡
You
You
やらっそこだめだからっ♡
いい所を察知されて、
そこをヌチヌチといじられ、
もうすぐでイきそうになったら…
ジョンハン
ジョンハン
ピタッ
指を止められた。
You
You
んぁ…//
すごくもどかしい。
ジョンハン
ジョンハン
なに?イきそうだった??
どうして欲しいの??
ニヤつきながら聞いてくるハニ。
You
You
イかせて…くださいっ////
ジョンハン
ジョンハン
しょうがない子だね、
これ使ってみようね
そう言って出てきたのは大人の玩具。
You
You
やだハニっ…!
ジョンハン
ジョンハン
だーめ、ゆうこと聞いて?
ズッと入ってきた物体。
ハニがリモコンみたいなものを
カチッと押した時、一気にぶるぶる振動が
陰部に伝わった。
You
You
あぁぁ♡止めてハニぃっ♡
ジョンハン
ジョンハン
俺ね、あなたがほかの男にチヤホヤされてるの見てすごいムカムカしたんだよ?
反省してね?
You
You
ハニっ♡ごっめんなさ…!♡
ジョンハン
ジョンハン
そんなとろんとした顔して、
入れて欲しいんだね、全く。
大人の玩具を抜き、次は彼のが入ってきた。
あまりにも奥をズンと突かれて、入ってきただけでイってしまった
ジョンハン
ジョンハン
悪い子だね、イッていいって言ってないよ?
You
You
ごめんなさいっ…
ジョンハン
ジョンハン
お仕置き
そう言って今までにないくらい
激しく突いてきたハニ。
You
You
らめっ♡あっ♡
ジョンハン
ジョンハン
イくよ、あなたっ…
You
You
はぁっ////
同時に果てた私たち。
その後遅れた理由を話すと
ジョンハン
ジョンハン
なんだよ、めっちゃ恥ずいじゃん…
そう言って照れるハニ。
ちなみにプレゼントであげたのは
お揃いのコップ。すごく喜んでくれた
You
You
ハニ、いつもありがとう♡
ジョンハン
ジョンハン
っ…////2回戦いくぞ
You
You
えっ!?
無事仲直り出来たようです。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

THE17
THE17
地球に住んでるCARATです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る