無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第97話

子育て。🍼(1)










6月15日、赤ちゃんが生まれてもう約2月。
























今日、
人生で初めて一人赤ちゃんのお世話をします。


























スニョン
スニョン
あぅあぅ!
ウジ
ウジ
ん、よしよし
You
You
ウジ、ほんとに平気?
見送るために俺に抱っこをしてもらってるスニョンの頭を撫でるあなた。
ウジ
ウジ
大丈夫だって、スニョン俺の事
大好きだから。
スニョン
スニョン
んぅ!
You
You
家事もある程度済ませておいたから、
スニョンのご飯とオムツ替えよろしくね
You
You
今日は9時までに帰って来れる
はずだから。ね?
スニョン
スニョン
うぅあ!
ウジ
ウジ
ん、なんか分からなかったら連絡する
You
You
うん、じゃあ行ってきます
スニョン
スニョン
たー!
ウジ
ウジ
行ってらっしゃい





























よし、最初は何をしよう。




ご飯を食べてお腹いっぱいのスニョン、




お腹の消化を待つためにテレビでも見よう。











スニョン
スニョン
うー!!





お母さんと〇っしょを観てノリノリになっちゃうスニョン。








ウジ
ウジ
ほら、食べてすぐ動くと消化に悪いから
スニョン
スニョン
んま!んま!










そしてしばらくじっと見ていると体操の
お兄さんが出てくる。







スニョン
スニョン
た〜!う〜!







必死に手で真似してるけど、2ヶ月の子だからまだそこまで完全に動かせていない。

















そうだ、あんよダンスをしてあげよう。













ウジ
ウジ
はいスニョン、ねんねして
スニョン
スニョン
うぁ!







スニョンの足を掴んでゆっくり曲げて
あげたりクロスさせたりする。








ウジ
ウジ
おいっちにっ…
スニョン
スニョン
たぅ!たぅ!あー!




…めっちゃ楽しそう。(照)















スニョン
スニョン
もーち!もーち!





しばらく体を動かしてあげて
そろそろ朝ごはんの食器が乾いた頃。







ウジ
ウジ
よし、片付けっか





そして食器を片付けてひと仕事終えた時。







スニョン
スニョン
ぅ…ふえぇぇぇん!!!
ウジ
ウジ
スニョン!?










バビって後ろを振り返ってみたけど、
何も物は壊してない。












あ、オムツか。







ウジ
ウジ
はいはいスニョン、
今替えてあげるから
スニョン
スニョン
うぅぁ…






軽く暴れるスニョンをなだめながらオムツを替える。
















































そしてオムツ替えが終わった時…