無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

97line🐶🐴🐸
ある日、何故かヤクザに目をつけられた_____________














私は1人、友達とお出かけした帰りに
ちょっとチャラくスーツを着崩した
3人の男の人たちがいた。




カツアゲされたら嫌だから、早歩きで
帰ろうとした。


でも、後ろから足音がする。
アップテンポの足音だ。
少し怖いな…と思っていると
ミンギュ
ミンギュ
ねえ
You
You
!?
ビックリして肩が上がってしまった
ミンギュ
ミンギュ
そんなビックリしないでw
ちょっと用があるからついてきて?
You
You
い、いやです!
ソクミン
ソクミン
いいからさ、ね?
なんの根拠もないことを言い出す
ちょっと怖い人。
You
You
絶対着いていきません
ミンハオ
ミンハオ
ほら、モタモタしないで
こっち来て
腕を引っ張られ、連れていかれたのは
ホテル。え???なんで…???
ミンギュ
ミンギュ
あなたちゃんはね、借金があるんだ
You
You
そんなわけないです。
ソクミン
ソクミン
本当だよ?ざっと300万
You
You
うそ!?!??
ミンハオ
ミンハオ
払えないだろ?
だったらカラダで払ってもらうからさ。
You
You
い、いやだ…
ソクミン
ソクミン
イヤって言っても事実だし
貸してもらったものは返さないとね?
ミンギュ
ミンギュ
ということで払ってもらうね♡
ベットに押し倒してくる大きい人。
一気に服をぬがしてきて、下着を
ジロジロと見ている。
ミンギュ
ミンギュ
青の下着とか…クるわ〜
そう言ってキスをしてきたり、キスマークをつけたり、耳をかじったりしてようやく下を触られた。
ミンギュ
ミンギュ
わお、ヌルッヌルだね?♡
You
You
っいや!
ミンギュ
ミンギュ
こーら、あなたちゃんは
俺ので喘いでイけばいいんだよ??
ヌプッと入ってきたおっきいアレ。
膨れ上がってる…
You
You
やらっ♡おっきいい♡
ミンギュ
ミンギュ
おっきいね、気持ちいでしょ?
激しく腰を振られ、私は果てた
You
You
イッちゃうぅ////
ミンギュ
ミンギュ
俺も…っ
中にドクッと出されてしまった。
知らない人に…
ソクミン
ソクミン
何考えてるの?次俺だからね?
そう言っていきなり入ってくるアレ。
この人もパンパンに膨れ上がっていた。
You
You
んぁ////あぅっ♡
2回目だから感度が良くなり、早く果ててしまった。
ソクミン
ソクミン
まだ俺イッてないから。
容赦なく突いてくる。
奥がズンズンと犯されている
ソクミン
ソクミン
いくよ、あなたちゃんっ…
この人も中にだしてきた。
ミンハオ
ミンハオ
はい、最後は俺ね
赤髪のちょっと怖めの人だ。
息が出来ないくらいのキスを交わして、
とうとうアレが入ってくる…と思ったら
ミンハオ
ミンハオ
いれてほしい?
私の陰部に彼のアレがヌチヌチと
擦りつけられる。あまりにも焦れったくて
You
You
い…れて…?//
ミンハオ
ミンハオ
よく出来ました
中で暴れ回るように出し入れしてくる。
中で彼のアレがぶるぶると振動している。
You
You
んっはぁっ♡やらっ♡
ミンハオ
ミンハオ
締めつけんな…っ//
You
You
イッちゃうっ♡
ミンハオ
ミンハオ
俺も…っ
同時にイッてしまった私たち。
これで借金返せたのか…軽いじゃん。
ミンギュ
ミンギュ
明日もよろしくね?♡
You
You
え?
ソクミン
ソクミン
まさかこれだけで返せたと思った?
まだまだ払ってもらうからね♡
ミンハオ
ミンハオ
きっちり丁寧に払ってもらうから
私の借金は、まだたくさんあるようです________

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

THE17
THE17
地球に住んでるCARATです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る