無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第110話

見なければ。🍼(2)

ジフンの鞄から何かが落ち、
ジフンが拾う前に手に取る。














You
You
ん?なにこれ…




慌てたジフンを背に、じっと眺める。



ジフン
ジフン
おま、返せ…っ
You
You
これ何?開けていい?



やめろと止められる声も無視して
何かを包む小さな袋を破る。







そして中身を出してみる。









ジフンは息を飲んでいる。









そして私も、我に返りその物を見る。


You
You
これ…ってさ
















中身は、予想を遥かに上回る物だった。
















You
You
これ、コンドームだよね…?