無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第91話

コスプレ。🐶(3)
ミンギュ
ミンギュ
じゃあまずはこれを使おっか
 




そう言って出されたのは振動するあの玩具。











You
You
そんなのも買ったの…
ミンギュ
ミンギュ
これセールで安くなってたんだ〜




そう言って入れる準備をし出す。







You
You
まって、濡れてないって///
ミンギュ
ミンギュ
そう言っておきながら
濡れ始めてるよ?
ミンギュ
ミンギュ
ほら、つるって入った
You
You
あぁっ、!
You
You
やだ、とって、ッ////
ミンギュ
ミンギュ
はいはいデビルちゃん、
お仕置きの時間ですよ〜♡






そしてついに玩具が動き始めてしまった。















それも強だった。






You
You
あぐ、ッ!//はっ、つよい、♡
ミンギュ
ミンギュ
そんなに強いの?
どれどれ…


そう言って玩具が入っているのに指も入ってきた。




You
You
あぁっ、♡むり、だめ、!////
ミンギュ
ミンギュ
ここに手あてると
ブルブル振動してるのわかるね〜


そう言って子宮のあたりに手を添えてくる。




手をはらいたいけど手錠をかけられていて
されるがままだった。
You
You
いいからとめて、ッ!
ミンギュ
ミンギュ
じゃあね、"ご主人様とめてください "
って言ってみて?



ニヤニヤとその言葉を待ち望むミンギュ。



You
You
ご主人様…とめてください…ッ////
ミンギュ
ミンギュ
ん〜可愛い!
何このデビルちゃんッ!
You
You
いいからとめてよ…っ//
ミンギュ
ミンギュ
あ、ごめんごめん









やっと玩具から解放されたと思ったら








ミンギュ
ミンギュ
はい、デビルちゃん
自分で動いてみてッ♡




そう言ってベルトを外して
アレをあらわにさせ、ベッドに座るミンギュ。







You
You
っ…








自分ももの足りなさから抵抗できずに
大人しく対面座位になってしまう。





ミンギュ
ミンギュ
ほら、いれてごらん?






ミンギュのは人一倍デカいから
いれるのも大変。







ミンギュの童貞を貰ったのも自分だった。






You
You
あっ…はぁ、ッ
You
You
はいんない…っ///
ミンギュ
ミンギュ
ん〜、もう
ここは勢いよくいれないと!



そう言って引き気味の腰をグンと下に降ろされ






奥の奥までぎっしり突きあげられてしまった。










ビックリしすぎて腰がまたバウンドしてしまう。




You
You
あひっ、ぅ!///
ミンギュ
ミンギュ
ほら、奥好きでしょ?




いじめるように奥に当ててくる。





You
You
あっひぁ、ッ♡
ミンギュ
ミンギュ
ぐりゅって言ってるね、
ここ当たるといっつも締まる…ッ
You
You
もう、うごけない、っ///
ミンギュ
ミンギュ
ほら、ご主人様なんにもしないからね




そう言って支えてくれていた手を離される。










自分もイきたいという気持ちで精一杯動いた。




You
You
あぁッ、はっ、ぅ////
ミンギュ
ミンギュ
変態デビルちゃんだね〜
ミンギュ
ミンギュ
興奮してきちゃった







そう言ってナカでむくむくデカくなる。









もうキャパオーバーだって…




You
You
やだ、おっきい、しゅごッ♡




腰が活発に動いてしまう。










手錠のせいなのか、すごく気持ちいい。











ミンギュ
ミンギュ
はぁッ…
ミンギュ
ミンギュ
もう無理




そう言って対面座位の体制を崩して
正常位に移り変わる。












移り変わると同時に一気に突き上げられる腰。











You
You
ああぁっ♡
You
You
やら、もうらめッ、////
ミンギュ
ミンギュ
手邪魔…ッ







縛られた腕を上に固定される。










何も抵抗できない。


ミンギュ
ミンギュ
もうイきそ…ッ
You
You
うぅぁっ、♡
You
You
イく、ッ////



































あれから記念日は毎回デビルらしいですよ。











シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

THE17
THE17
地球に住んでるCARATです。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る