無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第14話

💣


タッタッタ

私
お、おっぱ?

どこに行くの??
ユンギ
ユンギ
いーから黙ってついてこい。
私
…はい、


テクテク

ユンギ
ユンギ
ついた。
私
💭ここは…音楽準備室??


ガチャッ、ガララ🚪

ユンギ
ユンギ
こっち。
私
う、うん。


ズラァ🎷🎸🎺🎻🥁


私
💭わ、すごい。
私
ここどーしたの??
ユンギ
ユンギ
音楽の先生と仲良くなって鍵もらった。
私
へ〜いいな〜🎶
ユンギ
ユンギ
とりあえず着替えてこい
私
わかっ…あ、着替えがない。
ユンギ
ユンギ
これ貸す。
私
…体操服?

なんであるの??
ユンギ
ユンギ
家から持ってくるのだるいから大体の物ここに置いてる
私
そうなんだㅎ

ありがとう
ユンギ
ユンギ
ん。




____.

ユンギ
ユンギ
で?何があったんだよ。
私
…他のオッパ達には言わないでね?
ユンギ
ユンギ
ん。
私
実は…



~カクカクシカジカ~


私
って事なの。
ユンギ
ユンギ
…まさかあなたもなんて((ボソッ
私
へ??
ユンギ
ユンギ
あ、いやなんでもない。
私
??
ユンギ
ユンギ
それよりテヒョナは何やってんだよ。
私
…おっぱには言ってないよ。

というかオッパ達にはバレたくない。
私
💭おっぱ達の…

自分の好きな人(てひょにおっぱ)の、

重荷になんてなりたくない。
ユンギ
ユンギ
💭…きっとテヒョナの事が大切だから重荷になりたくなとか思ってるんだろーな。
ユンギ
ユンギ
…フフッㅎ
私
?
ユンギ
ユンギ
いや…そっか。
私
うん。

だから他のオッパ達にも言わないで。
ユンギ
ユンギ
…わかった。

でも条件がある。
私
条件?
ユンギ
ユンギ
他の奴らには絶対黙っててやる。
俺も特に干渉しない。


でも、

本当に辛くなって、

もう心が壊れそうになったら、

絶対に俺を呼べ。
私
…どうして??
ユンギ
ユンギ
…俺があなたをこっちの軍に入れる。
私
へ?
ユンギ
ユンギ
それで、あなたのそばで俺がずっと守ってやる。

わかったか?
私
うん。

でもさおっぱ、
ユンギ
ユンギ
ん?
私
…たしか軍の移籍ってリーダーしか決められないんじゃなかったっけ?
(※4話典章)


ユンギ
ユンギ
…は?そうなの?
私
うん。ㅎ
ユンギ
ユンギ
そんなん聞いてない。
私
いや、おっぱ絶対寝てて話聞いてなかっただけでしょㅋㅋㅋ
ユンギ
ユンギ
なぬ、失敬なっ!
私
ㅋㅋㅋ
ユンギ
ユンギ
ㅋㅋㅋ