無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

💣






ゆんぎおっぱにバレてからも、いじめは続きました。
私
…ノートがない。
☀
👧 クスクスㅋ
私
…。


それでも動じない私を見てヨジャたちは、

ものを隠すだけじゃ飽き足らず、

暴力を振るうまでエスカレートして行きました。



ボコッ

私
うっ、
☀
👧 なんでまだ学校来てんの?ㅋ
☀
👧 本当目障りなんだけど
☀
👧 そんなんだからテヒョン君にも相手されなくなったのよㅋ
私
…(睨
☀
👧 …何よその目。
☀
👧 生意気なんだよ!!!



バチンッ



…


私
あー、イッタイ。
私
💭体中痛すぎて立てないんだけど。


『あーあ…また派手にやられたな。』

私
…ゆんぎおっぱ。
ユンギ
ユンギ
うわ、鼻血も出てんじゃん。
私
へ?あ、ほんとだ。


ゴシゴシ

ユンギ
ユンギ
こい、手当してやる。
私
ありがとう。


🤕


ユンギ
ユンギ
…なぁ、あなた、
私
大丈夫。
ユンギ
ユンギ
…
私
まだ大丈夫だから。
ユンギ
ユンギ
…わかった。
私
…それよりおっぱは大丈夫なの?
ユンギ
ユンギ
?
私
リーダーだから大変じゃない??
ユンギ
ユンギ
あー、でも雑魚ばっかだし、
私
相手の人可哀想ㅎ
ユンギ
ユンギ
自業自得。
私
そうだねㅎ

…おっぱ。
ユンギ
ユンギ
ん?
私
ありがとう。
ユンギ
ユンギ
…ん。






そんなある日__






ガヤガヤ

私
はぁ、授業疲れた…
私
💭帰る準備しよ…

カサッ📄
私
ん?
私
💭紙??なんだろ。


📄『今日の放課後、○-○教室まで来て

話したいことがあるの。







だひょん.』

私
っ。
私
💭なんでだひょんが?

それになんの用事なんだろ。
私
…行ってみるか。
☀
👧 …ニヤッ



私はこの後、


あんな事が起こるなんて、

想像もつきませんでした。