無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

carat
ディノside
ジュン
ジュン
でぃっの~
ジュン
ジュン
今日どんな人が来てた⁉︎
ディノ
ディノ
え、ひょん参加しましたよね⁇
ジュン
ジュン
したけどさ、ディノペンと僕ペンで違うじゃん!
ディノ
ディノ
んー、、
いつも通りでいろんな人が来てましたよ!
ディノ
ディノ
結構皆さん韓国語で話してくれましたし‼︎
スングァン
スングァン
なんの話してるんですか~?
ジュン
ジュン
今日の握手会の話!
ディノ
ディノ
あ!あと、なんかディノチャンって呼んでくれた人がいました
ジュン
ジュン
え、芸名と本名くっつけてたの⁇
ディノ
ディノ
はい…
ディノ
ディノ
その人が頭から離れません、、
スングァン
スングァン
ディノ違うよ‼︎
ディノ
ディノ
え?
スングァン
スングァン
それ芸名と本名くっつけたわけじゃなくて僕たちが言うディノや~ みたいな感じだよ!
ディノ
ディノ
え、でも見るからに年下でしたよ
スングァン
スングァン
いや、日本では年上でも言うらしい…
ディノ
ディノ
日本語って難しい、、
ジュン
ジュン
じゃあもうその人忘れられるね!
ディノ
ディノ
それじゃ僕が忘れたがってるみたいじゃないですか!
ジュン
ジュン
そうじゃないよ~



どうしてだろう、、

ずっと気になっていた疑問が解けたはずなのに
あの人が頭から離れない…
この気持ちは


















なんと言うんだろう__________ ?
next

すみません💦
書き直しました!
これからはこのお話をベースとして書いていきます!