無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

🥀
❤️『俺が食べさせるからなーくんは向こうに行ってていいよ』






💜『わかった』







ふぇ⁉︎莉犬くんに食べさせてもらうの⁉︎恥ずかし過ぎて死にそうなんだけど!








❤️『はい、あ〜ん、して?』
(なまえ)
あなた
え、でも…
❤️『え、いらない?』
(なまえ)
あなた
いや…
(なまえ)
あなた
ゴクリ…
美味しそう…
❤️『いらないんだね
じゃあ、俺が食べるから』
(なまえ)
あなた
や、欲しいです…!
❤️『フフ…やっぱりいるんじゃん』
❤️『はい、あ〜ん』






私は反射的にいつもより小さく口を開けた








うん…美味✨









美味しい…









でも、早く家に帰りたいよ____








next