無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

🥀

ん〜…






階段何処…?
(なまえ)
あなた
ハァ…ハァ…!







私は長時間鈍っていた体を一生懸命に動かした













(なまえ)
あなた
あった…!









ここを2階位まで降りて、その後ジャンプすれば…










パンッ!










誰かに血だらけの腕を掴まれた









💙『勝手に逃げ出したらダメだよ』










ころんくん…⁉︎











next