無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

🥀
(なまえ)
あなた
とりあえず、私の両親に電話をさせて下さい!
❤️『わかった。少しだけだよ』




prrrrrrrr…prrrrrrrr…





お願い…出て…!
『あなた⁉︎大丈夫なの⁉︎』
(なまえ)
あなた
ママっ…怖いよ…早く助けに来てよ
『助けに行きたいけど…』
💛『無理ですよ。だって、ここが何処かも 分からないですからね。』
🧡『それに、両親が来た時は、あなたの命はないから』
(なまえ)
あなた
嘘でしょ…
❤️『もう、電話はいいね』
(なまえ)
あなた
あっ、まって!
💗『少しだけって言っただろ』













まさか、この流れだとすとぷりメンバー全員が私を人質にしてるの…?












そんなの…イヤだよ____











next