無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

🥀
グゥ〜…






あれから数時間…私は何も口にしてない…







それに、暗くて冷たい部屋に1人拘束されて…







今にも泣き出しそうな程怖い…











早く、助けてよ____









next