無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

一覧へ

第2話

あなた「あ、もしもし?、、、」

どうも、ケイです。

俺は塩対応なんです。

つい、十分前も、、、







あなた「ね?私のことすき?」

ケイ「ちょうしのんな」

あなた「わたしはねぇ〜」

ケイ「おい、だま」

あなた「だ〜いすき!」











かわいい。なによりかわいい。天使です。

と、心では思っていてもついつい




冷たい言葉を使っちゃう。

それでも、だいすきっていってくれるあなた

を、俺は溺愛してる。

知らない奴と電話してる今でも、

俺は嫉妬してんだよ。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

続きはまだありません

この作者の他の作品も読んでみよう!

てん。
てん。
よろしくお願いします
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る