第3話

EP 2🖤.


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜











JIN side

























.
JIN
JIN
はぁ〜、どうしよう….
、、、









、、、












、、、
JIN
JIN
どうすればいいんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ


僕は今凄く、いや物凄く困っている。










このままだと僕は、精神的におかしくなってしまう。







ちょっと大げさだと思うかもしれないが、
















本当のことだ。





それぐらい困っているんだ。













僕をこんな状態にしたのは誰だと思う⁇





















































































それは、社長だよッ!































あっ、みんなは、社長って言っても

誰かわからないよね?


















社長って言うのは、テヒョン社長のこと。











































テヒョン社長は、このEDK会社の新人社長さん。



























新人社長だからって舐めてはいけない。






































テヒョン社長は、物凄い実力の持ち主だ。






社員のみんなが考えた洋服のデザインリストを、









チェックしたり、修正したり、付け加えたり、






















そのような、とてつもなく重要な仕事を、









社長は、1人でやってのける。





本当に凄い、







デザイナー歴7年の僕も尊敬する。









まっ、簡単に言えば


社長は、この会社には、必要不可欠な人物だ。











で、そろそろ本題に入ろうか、








僕は、何で困ってるかと言うと、





それは、秘書決めのこと、







社長になって2ヶ月経ったら、

秘書を決めなければならない。






なので、そろそろ社長の秘書を決めないといけない。


_



昨日の夜、副社長に、





















「
NAMJOON
NAMJOON
明日の朝までに秘書リスト作っといてー
                                                                          」








って言われた。









え、なんでもっと早く言ってくれないの⁇って思った。





でも、副社長に言われたことだから、

やらなきゃいけない。












だから、僕は昨日徹夜して秘書リストを作った。






あ、ちなみに秘書リストには、秘書達の

プロフィールや、履歴が書いてある、








その作ったリストをさっき社長に見せたんだけど…









社長そのリスト見てなんて言ったと思う??←

































































































.
TAEHYUNG
TAEHYUNG
______________