プリ小説

第3話

バレンタインデーキッs
またまたすぎてますけども、バレンタインデーですよ




では、れっつごー


in関西


『ひさびさでーす』

西畑「あなた!ギュッひさしぶりー」

『ねぇ、まって、あついから、』

西畑「相変わらず塩やなーw」

『今日はなんの日でしょう、』

関じゅ「ばれんたいんでー!!」

『せーかい。』

『もらいたいひとー
いないんね、ならいいや』

室「ちょっちょ、みんな手あげてるやんw」

『あれ?そうだった?じゃ、ならんでくださーい
チビちゃんからね』

伊藤兄弟「くだはい!」

『かわいいからあげる!どーぞ!』

省略

道枝「久しぶりです!」

長尾「バボーです!w」

高橋「今日も卍っすねー」

『道枝以外何言ってるかわからん。
でも、あげます
どーぞ』

信号「ありがとうございます!」



省略




藤原「くれくれ」

『丈くん、きちんとお願いします』

藤原「くださぁい」

『はいつぎー』

藤原「ごめんって!ください!」

『はいどーぞ』


省略


『みんなに配り終わったか、じゃ、行くか』

同期「ちょ、ちょ、ぼくたちは?!」

『あー、これと、これと、これと、これや』

『ほなまたな』





                                 



                      






その頃westさんたちは、、、

小瀧「今年ももらえるんかな?」

重岡「そりゃ、もらえるやろメンバーやし!」

藤井「今年こそ本命を、、、」←

中間「イケメンはいいなー希望があってw」

神山「本命だなんて、ゆるしまへん!」

濱田「そうやそうや!」

桐山「そこの二人はあなたの親ですかw」










その後しっかりチョコを貰ったwestさんでした

ちゃんちゃん















本命はあげたのかって?








それはまた今度、































作者
作者
時期ずれずれですいません!
リクエストまってます

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

塩
塩です
コメディの作品もっと見る
公式作品もっと見る