無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第9話

宇宙人裕太マン( 中務裕太 )
わたくし 宇宙人マンこと 中務裕太の彼女です
この宇宙人大変なんですよ?
色々と
裕太
裕太
なーあなた
貴方
貴方
ん?なにー?
裕太
裕太
ちょっと買い物行かへん?
貴方
貴方
うん!いいよー!いこいこ、!
裕太
裕太
そやなー  あっ! 服買いたいねん
貴方
貴方
おー!いいね  私も丁度買いたいものあったから行こ!
裕太
裕太
そうなん?
なら 早くいかんとな
貴方
貴方
うん! 
〜  ショッピングモール到着 〜
裕太
裕太
おー!どこから行こ
貴方
貴方
服買うんでしょ?
裕太
裕太
そやでー 
あっ!あそこええやん〜🎶
貴方
貴方
ほんとだー! 行こ
っと この人は服を選び始めると止まらないんだった!! 
みなさん知ってます? 裕太くん服選ぶのに女子の私よりも時間掛かるんですよ?
どう思います?
裕太
裕太
ふんふふ〜ん🎶
貴方
貴方
楽しそうだね~
ほら 始まった〜
「鼻歌」これが始まると もうダメですね...。
貴方
貴方
裕太くん あんまり時間かからないようにねー
裕太
裕太
はいはーい
ほんとに 分かっているのか 分かってないのか
分かりませんね
〜 30分経過 〜
貴方
貴方
まだ〜?
裕太
裕太
あと少しや
貴方
貴方
はーい 分かった
〜 1時間経過 〜
これは 流石に長すぎる
貴方
貴方
ちょ 裕太くんまだなん?
裕太
裕太
もう終わった〜!
貴方
貴方
ほんとに 遅すぎる
裕太
裕太
ごめんごめん
許してや
謝るときのこの上目遣いに私 弱いんですよね
だから
貴方
貴方
仕方ない 許そう(笑)
許しちゃうんですよね
甘々になるんですよー
裕太
裕太
ありがとう〜 
貴方
貴方
はいはい
というふうに私は裕太くんに甘々なんですよー
でも
こんな所もあるけど裕太くんのこと大好きなんですよねー 憎めないしー
可愛いんです!