無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

甘い声( 川村壱馬 )
川村壱馬
川村壱馬
なー あなた  遊ぼーやー
俺 暇なんやけど
貴方
貴方
私は 暇じゃないの〜
川村壱馬
川村壱馬
なんや スマホみとるだけやんか…
はい。! 今 拗ねているこの人私の彼氏です。
名前や顔を見て分かる通り 川村壱馬 です
貴方
貴方
忙しいの〜
壱馬side
なんや  スマホばっか
俺 めっちゃ寂しいのに…
しかも 珍しい休みの日ぐらい構ってくれてもよくね?
もう  いい …
俺も スマホばっか見てやる !
てか  何見とんかのかな?
ちょっと見てみると


プリレジェやないか !!
貴方
貴方
ねー  壱馬
コレかっこよない?
しかも 見せてきたのは  チームネクストが踊っているシーン
川村壱馬
川村壱馬
俺は?
貴方
貴方
へッ  ?
川村壱馬
川村壱馬
だ か ら  俺は  カッコよくないの?
貴方
貴方
いや… 壱馬の方がカッコイイよ   !
川村壱馬
川村壱馬
ほんま?
急に バックハグしてくる しかも 耳元で囁くしヤバいよ〜! 照れる。 これ。
貴方
貴方
ほんと! ほんと!
川村壱馬
川村壱馬
なら 良かった〜
めっちゃ 嫉妬したんやからな( 小声
貴方
貴方
ん? 最後のやつ聞こえなかった
川村壱馬
川村壱馬
ん〜 ん〜   なんでもない〜
貴方
貴方
ふーん  そっか  !
川村壱馬
川村壱馬
でも  嫉妬させたから
お仕置きは せなあかんな
貴方
貴方
え?
ドサッ




状況説明いたします。
私は ソファーで壱馬から床ドン? されてる感じです !
貴方
貴方
えッ?  えッ? 
川村壱馬
川村壱馬
戸惑っても無駄やで?(   ニヤ




こうして 壱馬からのお仕置きを受けました 。
川村壱馬
川村壱馬
可愛いかったで  ?あなた