無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

二十四話
あなた

はぁ……特訓疲れるよ~

ヒロト
ヒロト
だな、
アツヤ
アツヤ
だが、化身を使えるようになるにはやるしかねぇんだ
あなた

そうだね!

ズキッ…
あなた

ん?なんか…急に…頭が……いたっ

バタッ
ヒロト
ヒロト
あなた!?
灰崎
灰崎
おい!どうした!
白竜
落ち着け!とにかく宿に運ぶんだ!
ヒロト
ヒロト
あ、あぁ












目が覚めた
あなた

うっ……ここは……?

アツヤ
アツヤ
あなた!
灰崎
灰崎
良かった……
白竜
とりあえず安心だな
ヒロト
ヒロト
あぁ
あなた

私…どうしたの……?

灰崎
灰崎
急に頭が痛いとかいって倒れたんだ
あなた

そっか……

あなた

皆ありがとう、

あなた

なんか疲れが出ちゃったみたい…心配かけてごめんね

白竜
大丈夫だ
ヒロト
ヒロト
グスッ………
あなた

ヒロト……?なんで、泣いてるの………?

バフッ
あなた

ヒロト……?

ヒロト
ヒロト
良かった……俺…あなたがもう目を覚まさなかったらどうしようかって…思って……でも…目覚まして……そしたら…涙が止まらなくなって……!良かった!本当に良かった!(大号泣)
あなた

やめてよぉ!ヒロト!こっちまで悲しくなるじゃんか!

灰崎
灰崎
グスッ
あなた

ちょっ…凌兵まで…

灰崎
灰崎
良かった…本当に……
バフッ
アツヤ
アツヤ
グスッ…………
あなた

アツヤぁ、泣かないでよ………悲しくなるじゃん………グスッ……

アツヤ
アツヤ
あなた~……良かった…
あなた

白竜さん…なんとかして…

白竜
グスッ……
あなた

白竜さんまで……グスッ……

白竜
俺…本当は、あなたが倒れたとき泣きそうになって……でも、なんとかこらえて……でも……今になって涙が押さえられなくなって………良かった……!
あなた

皆…ありがとう、_大好きだよ……_

全員
俺もだ……
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アツヤ
アツヤ
また、
あなた

よろしくね!