無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

三十話
野坂と優一の会話、今後について
剣城優一
どうするか
野坂
野坂
そうだね、今の僕たちではきっと無理だね
剣城優一
一つフェイから聞いたんだが、アリオスは随分前から存在しているらしい、
野坂
野坂
どういうことだい?
剣城優一
昔はさほど力がなく存在すら知られていなかった
野坂
野坂
何故最近になって力が増したんだい?
剣城優一
ある一人の魔王と呼ばれる者によって
野坂
野坂
魔王?
剣城優一
俺にもよく分からない、
剣城優一
それにその魔王とやらの配下の者も比べ物にならない程強い
野坂
野坂
どうするか…
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
終わり🔚