無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

2話
すみません!!!書き忘れてたんですけど!
髪は黒で2つ三編みの丸メガネをかけていて、本当は可愛いんですけど地味に見えます。
理由は後ほど!
  
      ーではどうぞ!!ー
はなちゃん
それでは早速!役割分担をしましょう!!
モブ
ねぇあなたたちの班の3年めっちゃカッコよくない!?
モブ
ほんとだ!!!いいな〜!
あなた
(私としてはすごく変わってほしいです!!)
五条悟
いや〜さっすが俺!!モテてるモテてる!!
カッコいいから仕方ないけどね〜♪
夏油 傑
……………。
夏油 傑
(さぁ…。どんな反応するかな)
はなちゃん
………………。
あなた
………………。
はなちゃん
そうですね〜。(棒)
あなた
そうですね〜。(棒)
          (同時に言った)
夏油 傑
ぷっ…クククッwww!
五条悟
ちょっ…!お前何笑ってんだよ!!
夏油 傑
いや…ククッww!
どう反応するかなと思ったらw二人が同時に真顔で言うから…wつい面白くってねww笑いが押さえきれなかったんだよww
五条悟
〜っ!!///お前な〜!!なんかフォローしろよ!!!///
夏油 傑
いやあ。一緒に過ごす子達だし、悟のナルシスト発言をどう交わすかな〜と思ってね
五条悟
っ!!俺ナルシストじゃね〜し!!!
でも俺がかっこいいのは事実だろ!!
あなた
(ええ〜。今のナルシスト発言じゃないの!?)
はなちゃん
あの!先輩方!!遊んでないで早く分担分けしましょうよ〜!
夏油 傑
ごめんごめん(;´∀`)
ほら、悟。遊んでないでって言われてるぞ
五条悟
何で俺なんだよ!!!
夏油 傑
君がナルシスト発言を行ったからだろ?
五条悟
だからちげ〜って!!!
夏油 傑
無視)じゃあどれするかい?
はなちゃん
私料理したい!
五条悟
おい無視すんな!!!
あなた
えっ……!!!はなちゃん…!!料理は…その…やめたほうが…
(無意識に無視)
五条悟
っ〜!!
はなちゃん
ええ〜!何で〜?
あなた
だって…はなちゃん…。前、調理実習っで作った料理の味…どうだった…
はなちゃん
………。オイシクナカッタデス…。
あなた
じゃあ、料理は私がやるでいい?
はなちゃん
…。うん。(´・ω・`)
あなた
あっ!でも…ほら!他にも重要な事たくさんあるから!!ね!
はなちゃん
……。うん…!ありがとう!!
夏油 傑
じゃあ私と一緒に行事の確認とか救護とか、他にできる事をしようか
あなた
(ええ〜!って事は、一緒に料理するのって五条先輩!?一番嫌だったのに〜!
余計なこと言わなきゃよかった…。いや…。でもご飯が美味しくないよりかはまし…)
夏油 傑
じゃあ悟はあなたちゃんと一緒に料理よろしく
五条悟
へいへい。
まっ、俺が作れば完璧間違いなしだし↑
夏油 傑
無視)じゃあこれでいいね?
五条悟
おい傑!また無視すんじゃね〜よ!!
夏油 傑
君にいちいち取り合ってたらきりがないから無視が一番なんだよ
五条悟
ひどすぎるだろ!!
 ー こうして、来週の役割分担が決まった ー
✄−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ごめんなさいm(_ _)m
色々と説明が不十分だったりして……。
こんなに頼りないですが、見ていただけると嬉しいです…!!

     よろしくおねがいしますm(__)m