無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

5話
      ーその頃はなちゃん達はー
夏油 傑
……。
はなちゃん
…?どうかしたんですか?
夏油 傑
いや…。悟が何かやらかしてないかと心配でね、
はなちゃん
あ〜、わかる気もしますね〜
でも大丈夫ですよ!
夏油 傑
どうしてだい?
はなちゃん
あなたは見た目は地味で真面目そうに見えますけど、本当はモテるくらい可愛くて優しくて面白くて、明るい子ですから!!
(о´∀`о)ニコ
夏油 傑
………。
はなちゃん
先輩?
夏油 傑
あ、あぁ、いや、想像がつかないなと思って
はなちゃん
そうですよね〜
夏油 傑
(この子を見てると何だかモヤモヤする…。)
夏油 傑
君は笑顔がとても似合うんだね(о´∀`о)
はなちゃん
(ドキッ!)……!!/////
はなちゃん
ちょ、ちょっと先輩!!///からかわないでください〜!!て、照れるじゃないですか!!//٩(๑`^´๑)۶
夏油 傑
………///
夏油 傑
(怒ってもかわいい…///)
夏油 傑
本当のことを言っただけだよ
はなちゃん
……!!///(そんなにストレートに言われると返す言葉が出ない〜!恥ずかしいし!)
はなちゃん
(それに……。妙にドキドキする……//)
夏油 傑
(この子が見せる顔はどんな表情でもドキドキする…。//こんなのは初めてのことだ…//)
夏油 傑
(きっと私は………)
はなちゃん
(きっと私は………)
夏油 傑
(この子に…)
はなちゃん
(夏油先輩に…)
夏油 はなちゃん
“恋をしてるんだ”
✄------------------------------------------------------------------------------------
今回は夏油、はなちゃんのストーリーでした!