無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

好きになってごめんなさい、
*あなたside*













重い足取りで通学路を歩く。


最近、体の調子が良くない。





どこかだるくてしんどい。
そんでもって、痛い。







肌がどんどん侵食されていっているのが分かる。






そろそろ、決断しなきゃ……だよなあ。











このままころんに言わずに去るかどうか。









……それはそれで可哀想だよね。




















私が好きな人にそんな事されたら病む自信ある。






どうしようか。






なんて言うべき?










うーーーん……











頭を悩ませながらトボトボと歩く。



そしてふと顔を上げると、曲がり角で立ち尽くしているるぅとくんが、いた。
















『あれ、るぅとくん……?』











私の声に驚いたのか、ビクッと肩を震わせる。




………なんで、悲しそうな顔、してるんだろう。









『……あなたちゃん。』



『どうしたの?そんな所でうつむいてて……。何かあった?』



『あったっちゃあったね………』











あははなんて自嘲気味に笑うるぅとくん。



どうしてそんな作り笑い………。









『無理して笑わなくてもいいって言ったのはるぅとくんだよ。ね?何があったの。』



『……………っ』









私から目を逸らして再び俯く。









こんなるぅとくんは初めてだ。





いつも爽やかな笑顔で誰でも受け入れてくれるるぅとくん。

私の悩みだって全て聞いてくれた。




今度は私があのるぅとくんの話を聞いてあげる番なんだ、なんてちょっとだけ嬉しい気持ちがあったりなかったり。






でも、るぅとくんをここまでにする原因ってなんなんだろう……。




検討もつかない。









しばらく考え込んでいたるぅとくんは、ゆっくりと私の方へ視線を向ける。










瞳の奥に灯る何かは、私には分からない。









『………あなたちゃんを傷つけるかもね』



『え?』



『あー、これは怒られるなあ……』











さっきからるぅとくんが言っている言葉の意味が分からない




なんの話なんだろう。






私を傷付ける?怒られる??










『どういうこと?』


『………こういうこと』









それだけ言うとほんの少し控えめに私の体を包み込んだ。








……………包み込んだ!?!?!?!?












『えっ、あ、るぅとくんなにs『ちょっと黙って』』















待って。







超待って。







え????













るぅとくんが悩んでた▷その原因を聞く▷るぅとくん考え込む▷るぅとくんに抱きしめられる←イマココ














な、なんで私、抱きしめられてるの………






さっきまでお悩み相談をしていたはずなのに、急展開すぎて意味が分からない。








……急展開すぎるから、心臓の鼓動が速くなる。
















『…………る、るぅとくん…………』













かすれた声でそう呼ぶと、そっと体を離される。




手は、私の肩を掴んだまま。










真剣な眼差しが私を捉える。






るぅとくんの髪は夕焼けの空と同じ色。






茶色、でも黄色い。













綺麗、だ。














…………るぅとくん、あなたは今、何を考えているの………?



























『………ごめんね、好きだよ』



『…………え』


















るぅとくんの手が私の頬に添えられる。





風で髪がなびく。





大きく目を見張らせる。


















優しく微笑みながら言われたその言葉。






















硬直していると、気づけばドアップでるぅとくんの顔がうつっていた。





























蓋をされていた唇は周りの空気に触れ、とても冷たく感じる。
























…………私、今、るぅとくんに………………




















何か喋ろうとすると人差し指で唇を抑えられる。










『それ以上は何も喋らないで。………………じゃあ、また明日ね。』










































一人ぼっちになったその場で膝を抱え込む。








真っ赤になった顔を見られないように手で必死に隠しながら。




















私今、るぅとくんに告白されて、それで……………

















るぅとくんのその時の表情が頭から離れられない。

優しく、でもどこか真剣な表情。








思い浮かぶたびに顔が赤く、心臓の鼓動が速くなる。

























『…………意識、した……?………』